横浜FC

「Civictech Challenge Cup U-22」とのコラボレーションのお知らせ

  • お知らせ
  • ホームタウン
  • 社会連携(シャレン!)

2021.6.15 Tue

横浜FCでは、一般社団法人コード・フォー・ジャパン(Code for Japan、代表:関治之)が運営する、学生向け開発コンテスト「Civictech Challenge Cup U-22」(以下、CCC U-22)とのコラボレーションが決定いたしました。

 

「CCC U-22」は、エントリーした学生がチームを組成し、自分たちの身近にある地域課題や解決したい社会課題を解決するアイディアを考え、実際にその解決に向けたサービスのプロトタイプを開発する実践的な開発コンテストです。そして、優秀な成果を収めた学生の開発チームは、ファイナリストとして最終審査会でプレゼンテーションを実施し、国内外の大手IT企業の会社名やサービス名を冠した賞やCCCから大賞が授与されます。学生が開発実績を積むことで、単なる開発コンテストではなく、若年層の就職機会の減少という社会課題の解決を目指すのが「CCC U-22」の特徴です。

 

「シビックテック」「社会課題」が外での出来事ではなく、自分の暮らしや学びとつながるものであると学生の皆さんに感じてもらうための一つの切り口として、スポーツチームが取り組む社会連携活動とのコラボレーションが実現いたしました。

クラブといたしましては、若い世代や学生の皆さんとのコラボレーションから生まれる新たな取り組みに期待しております。

 

そこで今回は、CCC U-22のイベントの一環として、「Code for Japan」、横浜を活動拠点とするシビックテックコミュニティ 「Code for YOKOHAMA」とのコラボイベントが決定いたしました。

「横浜」や「サッカー」を切り口に、地域課題やコロナの影響を受けているスポーツ領域の課題解決策を考えるアイデアソンイベントになります。

 

 

Civictech Challenge Cup U-22 オンラインイベント#4 シビックテックアイデアソン

開催日時

2021年6月20日(日)13:00~16:00

 

イベント詳細ページ:

https://ccc2021-04.peatix.com/

主催:

一般社団法人 コード・フォー・ジャパン

 

このアイデアソンでは、「サッカー」「まちづくり」などに対してITをどのように活用すれば、サッカーという競技自体や応援するファンとクラブチームの関係性、ホームタウンのまちづくりなどに新しい価値を生み出すことができるのか、オンライン形式のワークショップでアイデアソンを開催します。「CCC U-22」の参加学生だけでなく、参加を検討している学生やサッカーファン、横浜にゆかりのある人などの参加を募集しています。

 

Civictech Challenge Cup U-22公式サイト:

https://ccc2021.code4japan.org/

本記事に関するお問い合わせ

横浜FC 事業部 ホームタウングループ

info@yokohamafc.com

045-443-6592(月〜金 9:00〜17:00受付 ※ホームゲーム開催時を除く)