横浜FC

  • RESULT
  • REPORT
横浜FC


VS. 栃木SC

12.03 Sat

13:23 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

栃木SC

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL

GOODS グッズ情報

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 3,900 3,900 4,400
②メイン中央指定席 大人 2,970 3,500 4,000
小中高 2,000 2,000 2,000
③メインホーム前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
④メインホーム後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑤メイン前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑥メイン後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑦HAMABLUEシート 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑧バックホーム前段指定席 大人 2,290 2,700 3,200
小中高 1,300 1,300 1,300
⑨バックホーム中央指定席 大人 2,120 2,500 3,000
小中高 1,300 1,300 1,300
⑩バックホームエンド 大人 1,950 2,300 2,800
小中高 1,100 1,100 1,100
⑪ホームゴール裏 大人 1,780 2,100 2,600
小中高 500 500 500
⑫アウェイゴール裏 大人 - 2,100 2,600
小中高 - 500 500

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――本日の試合の総括をお願いします。
    アウェイで何としてでもつかまなければいけなかった勝点3を取りきることができました。選手が90分非常に良くやってくれました。ファン・サポーターの皆さんが、沖縄まで駆けつけてくれて、声出し応援もあって後押ししてくださって、とても力になりました。非常に感謝しています。
    試合は90分、苦しい時間が長かったというか、なかなか思うようにいかなかったというのが正直な感想です。相手のロングボールに対してのセカンドボールを拾えなかったり、マイボールになっても不用意なミスが多く、なかなか形が作れなかった。その中で、狙いとしている背後へのアクションからPKが取れた。後半は徐々にそういうところを出せて追加点のチャンスもあったが、そこを仕留められなかったことがゲームを苦しくしてしまいました。ただ、チームとしては昇格に向けて本当に一枚岩になれているので、そこが90分苦しいながらも最後まで体を張ったり、走りきったことでつかみ取れた非常に大きい勝利だったと思います。
    残り3試合まだまだ厳しい試合が続きますが、チーム一丸でファン・サポーターとともにつかみ取っていきたいと思います。

    ――六反勇治選手は24試合ぶりの先発出場でしたが、今日の彼の評価は?
    さすがベテランで経験豊富な選手だなと。決定機も防いでくれましたし、無失点に非常に貢献してくれました。

    ――琉球はスカウティングとは違ったところもあったと思いますが、どの辺りに苦しめられましたか?
    組織的な守備、プレッシャーの速さ、攻撃は自分たちの空いたスペースをどんどんついてくるというところは、非常に準備されていたと思います。

    イサカ ゼイン

    Zain ISSAKA20DF

    ――本日の試合を振り返って。
    チームとしても個人としても苦しい時間が多かった中で、最低限の勝ちを持って帰ることができました。自分たちもそうですが、相手にも戦うもの(モチベーション)があって、それを上回ろうと思って試合に入っていきましたが、そこで後手に回ってしまう場面もありました。もっと一人一人が球離れを早くして押し込める時間を長くして、もっと試合を支配してチャンスをたくさん作りたかったです。

    ――PKを獲得した場面を振り返ってください。
    チームとして背後という狙いがあって、サイドバックの裏で縦に抜けてほしいと言われていました。その狙い通りにできたと思います。

    ――5試合ぶりの出場で、ゼイン選手の中でも今日は期するものがあったのでは?
    やっぱりゴール、アシストしたかったですし、勝利に直結したプレーをしたかった。最低限はできたかなと思いますけど、まだまだそういうところ以外のプレーに課題もあるし、もっと強気で行かないといけないと思います。練習から100%でやって、またチャンスをもらえるようにやっていきたいです。

    六反 勇治

    Yuji ROKUTAN44GK

    ――本日の試合を振り返って。
    沖縄に来てまず思ったのは、暑いし、湿度も残っていて、沖縄独特の雰囲気もあるし、これはちょっと難しい試合になるなとみんなで話していた。やっぱりそういう試合内容になって、満足する内容ではなかったですが、しっかりと我慢して追いつかれずに試合を終えられたので、そこはすごく良かったかなと思います。

    ――苦しい展開の中、守備陣にはどんな声を後ろからかけていましたか?
    追加点が取れれば楽になったとは思いますが、相手も一所懸命頑張っているので。1-0で行っている中でも相手にチャンスが来るかもしれないというのはディフェンス陣に言っていました。その中で、終了間際は危ない場面は作られなかったですし、途中から入った選手がしっかり守備をしてくれて攻撃にも行けたので、そのチャンスができたというのはキーパーからすると良かったです。そこを決める決めないというのは個人のところや運もあるので、チームとしてそこまでしっかり運んで行けたのは良かったかなと思います。

    ――クリーンシートで3連勝し、昇格にまた近づけたと思います。
    試合自体は満足のいく内容とはいきませんでしたが、しっかり勝点3を取ることができたのは良かったと思います。そのタスクをしっかり負わないと行けないので、その中で自分たちがアグレッシブにやっていって、チャレンジャーとして来年J1に行けるように地に足をつけながらやっていければ、自ずと昇格に近づいていけるのかなと思います。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――琉球戦にむけ今週取り組んできた部分
    久しぶりに4日間のトレーニングを積んで試合ということでしっかり落ち着いて準備できました。連勝したことで雰囲気も良く、天気もよかったので、一人ひとりがポジティブで活気があって厳しさもあっていい準備ができたと思います。

    ――連勝して一体感がさらに生まれた?
    試合数が少なくなってきて、より昇格という目標に対して緊張感やスイッチが入ってきたなという感覚はありますね。

    ――岡山との勝点5差をどうとらえている?
    安心できる差ではないと思っていますが、大事なのは自分たちでは変えられない岡山の結果ではなく、自分たちが目の前の試合をすべて勝つという気持ちをピッチで出すことだと思っています。

    ――FC琉球の印象は?
    監督が代わり守備をしっかりして、隙をついて得点を狙ってゲームをものにしていこうという目的がはっきりしてきた印象。なかなか結果にはつながっていないかもしれないが、ギリギリの戦いの中の結果なので、アウェイということも含めて自分たちにとって厳しい試合になるとは考えています。

    ――マルセロヒアン選手のここまでの評価は?
    サイズを活かしたプレーやスピード、それを活かしながら得点につなげるなど、少ない試合数・時間の中で片鱗を見せてくれていると思います。まだまだチームに適応するためには時間が必要だと思いますし、彼自身も吸収しないといけない部分はたくさんあると思う。若い選手ですし現状に満足せず取り組んでもらいたいです。

    ――得点ランキングトップの小川 航基選手との連携は?
    マルセロ自体が周囲と関係を持ちながらやっていけるスタイルの選手だと思うので、航基との連携という部分に関しては、日に日に良くなってきていると思います。トレーニングを積んでいくことでさらに良くなっていくと思います。

    ――四方田監督自身今の時期をしんどいと感じる?楽しいと感じる?
    残り4試合あって一番厳しいタイミングではあるので、あまり振り返らず、終わってから伝えていければいいと思う。おっしゃるとおり刺激的ではあると思います。

    ――新天地で監督自身の成長は感じる?
    自分の成長を自分で言うのは変だと思いますが、環境を変えたり新しい場所での挑戦は大変だというのはつくづく実感しています。

    ――選手も強化部もすべて違う環境でのマネジメントの難しさなどは感じる?
    当然大変ですけど(笑)。そこはやっぱり通るべき道なのかなと。だからこそ経験などを積み重ねることが大事といわれるのであって。初めてだから起こる化学変化もあると思うし、それが序盤戦の勢いにもつながったと思うので。その良さもありながら、時間をかけて積み重ねてきたこともあるので、いろんなことをポジティブにとらえることが大事かなと思います。

    ――シーズン序盤と比べてチーム内の成長はどこだと感じる?
    対策されてきた中でも勝ち切るというところ、プレーの強度をあげていくこと、守備の安定、後半どう試合を進めていくかなどはシーズン当初に比べると、試合とともに成長してきた部分かなと感じます。

    ――今週どこを重点的に取り組んだ?
    シーズンもここまで来ているので、基本的には自分たちのコンセプトに沿ってやっていくところ、あとは相手チームの対策に関して自分たちがどう戦っていくのかというところをやってきました。攻守にかかわらずどう戦うのかをいつもと同じように琉球戦を見据えてできたと思います。

    ――サダム スレイ選手など強力なFWがいるが気を付けなければいけない点は?
    サダム スレイ選手の一発の個人能力のところ、高さのところはレベルが高いので、できるだけ出させないように減らしていくためにどうするか。最後のところはゴールキーパーを含めセンターバックの集中力。彼だけではなく、野田 隆之介選手、清武 功暉選手など、日本人にもいい選手が多いのでそこを含めて守備を安定させていければと思います。

    ――練習公開日、FW陣が好調のように見えました。
    クレーベが調子がいいですし、ポジション争いが活性化しているなと。前線に力のある選手が多いので、みんないいアピールをしてくれたと思っています。

    マルセロ ヒアン

    Marcelo Ryan31FW

    ――日本の生活は慣れた?
    だいぶ慣れました。

    ――昇格をかけた戦いが続きますが、今週取り組んだことと意気込みを教えてください。
    いい準備ができたと思います。インテンシティの高い良い練習ができました。全員がわかっている通り、重要な試合なので3ポイント目指して戦っていきたいです。

    ――Jリーグの特徴もつかめてきた?
    ブラジルとスタイルがだいぶ違うので慣れるまで時間がかかるとは思います。日本は走ることが多くて、切り替えのところも速いので、まだまだこれからだと思います。

    ――小川 航基選手との連携は?
    まだまだコンビネーションという面ではこれからもっとよくしていく必要があると思うが、いい関係を作って彼とやっていけたらいいと思います。

    ――明日の試合に向けた意気込みをお願いします。
    昇格を目指すということが第一の自分たちに課せられたことだと思っています。自分もパフォーマンスを向上してチームに貢献できるようにしていきたいと思います。

    ――周りの選手からはなんと呼ばれることが多い?
    マルセロが多いですね。

    ――好きな日本食はある?
    ラーメンが好きです。

    ――何系などはある?
    鶏ガラ系が好きですね。

    ――日本に来てプレー面で新しくチャレンジしていることはある?
    インテンシティのところ、試合のスピード感のところを考えています。

    ――琉球の印象は?
    彼らは降格圏内から逃れようと戦っているチームで簡単な相手ではないと思っていますし、必死になってくると思います。今週しっかりと彼らのストロングとウィークを分析してきたので、一丸となって戦っていきたいです。

    ――FW陣が好調の中ポジション争いを制していくためには?
    すごく建設的なライバルたちだと思っています。難しさはありますが、お互いに競い合って切磋琢磨してやっています。

    ――横浜FCの特徴は何だと感じる?
    すごくオフェンシブなチームで、自分にとってもすごくやりやすい形で、自分のストロングであるスピードや突破力を生かせるチームだと思っています。

    ――周りの選手から何を要求されることが多い?
    すぐにフィットするというのは簡単なことではないので、最初のころは自分の良さを生かすことができず戸惑いもありましたが、だんだんとやるべきことや選手の特徴や要求を理解して動きを改善できているので、さらに良くしていきたいと思っています。