横浜FC

  • RESULT
  • REPORT
横浜FC


VS. 栃木SC

12.03 Sat

13:49 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

栃木SC

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL

GOODS グッズ情報

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 3,900 3,900 4,400
②メイン中央指定席 大人 2,970 3,500 4,000
小中高 2,000 2,000 2,000
③メインホーム前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
④メインホーム後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑤メイン前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑥メイン後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑦HAMABLUEシート 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑧バックホーム前段指定席 大人 2,290 2,700 3,200
小中高 1,300 1,300 1,300
⑨バックホーム中央指定席 大人 2,120 2,500 3,000
小中高 1,300 1,300 1,300
⑩バックホームエンド 大人 1,950 2,300 2,800
小中高 1,100 1,100 1,100
⑪ホームゴール裏 大人 1,780 2,100 2,600
小中高 500 500 500
⑫アウェイゴール裏 大人 - 2,100 2,600
小中高 - 500 500

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――本日の試合の総括をお願いします。
    まずは長崎までファン・サポーターがたくさん駆けつけてくれて、声出し応援で90分間後押ししてくれました。そこに勝利で恩返ししたいと思っていたので、それができて非常に嬉しい気持ちが一番です。90分戦い尽くしてくれた選手に本当に感謝しています。
    立ち上がりから前からどんどんプレッシャーをかけていく姿勢を出していこうと話をしていて、そこを前半開始早々からよく出せて、勢いよく入ることができました。その中でカウンターから、マルセロのスピードでゴールを取れて、後半も相手がビハインドになったことからもっとガンガンくると感じていましたが、長谷川(竜也)が開始早々に追加点を取って、ゲームを進める上では非常に良いタイミングで1点目2点目と入って優位に進めることができました。ここまではリードしている状況で上手く攻守のバランスを取れなかったり、後半最後にバタつくゲームも多かったですが、今日は保持するところは保持する、その中でチャンスがあれば攻めに行く、守るときは守る、その辺のメリハリをしっかり出せた残り時間だったと感じています。チームの成長を非常に感じる試合でした。
    今日の試合、勝つことができたことは非常に良かったですが、まだ厳しい試合が4試合続くので、毎回になりますけど決勝戦のようなつもりでしっかりと準備をして、琉球戦に備えたいと思います。

    ――15分近く中断してハーフタイムに入りました。選手たちが試合に集中していくためににどんな働きかけを?
    この状況ですから、体が冷えたというのはありますけど、そこは選手も特に気にせず切り替えてくれたと思います。逆に、精神的な部分で言うと、ブロがああいうことになって、ブロのためにということで結束した部分があったので、そこ(長い中断)はあまりネガティブなことではありませんでした。まあ残り1分をあのままやるというのはどうかと思っていましたが、レフリーが状況をしっかり両監督に話をしてくれて、再開方法も非常に良かったと思います。

    マルセロ ヒアン

    Marcelo RYAN31FW

    ――本日の試合を振り返って。
    前半はだいぶ裏のスペースが空いていたので、自分はどんどんそこのスペースに走り込んでチャンスを作ろうと動いていた。それが功を奏して、良いボールがこぼれてきて、ゴールに結びつけることができたと思います。

    ――得点の場面を振り返ってください。
    自陣からクリアしたボールが運良く自分のところに転がってきてくれました。自分のスピードを生かして、相手もいましたが何とか振りきることができて、ペナルティエリアの中に侵入してゴールに結びつけることができました。そのゴールで勝点3を取れたこと、チームの勝利に貢献できたことは自分にとってもすごく嬉しいゴールでした。しかも自分のファーストゴールということで、これからもどんどんチームのために貢献していきたいです。

    ――小川航基選手とのコンビネーションも良くなってきているのでは?
    コンビネーションはだんだん良くなっています。お互いに見ながら、助けあいながら、良いコンビネーションを持って横浜FCのために、勝点3を取るためにやっています。

    六反 勇治

    Yuji ROKUTAN44GK

    ――本日の試合を振り返って。
    普通だったらサッカー選手として試合に出られる喜びを感じなきゃいけないところでしたが、そういった場面でもなかったですし、純粋に一緒にやっていた選手が怪我をして交代してしまったというのはものすごく残念で。彼も日本に来て苦労しながら頑張っている姿を見ているので、そこも含めて試合に出て嬉しかったというよりは、しっかりとチームのために勝点3を取れたというのが一番大きいです。

    ――前半は試合をどう見ていて、どんなプレーを心がけようと?
    入ると思ってなかったので、今日は立ち上がりからいい試合運びができていましたし、自分たちがボールを握れるし、相手もボールを握ろうとする中で、つなげる部分は大きいかなと思ってました。後半もボールをポゼッションしながらやっていけたのは良かったと思います。

    ――周りの選手にどんな声をかけていましたか?
    僕たちは勝っていけば必ず昇格できるので、残りの試合もしっかり1試合1試合勝っていけるように、みんなでやっていければいいかなという話をしました。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――月曜日に予定されていたJエリートリーグが中止になってしまいましたが札幌の方たちとは会えた?
    会えました。少しですが、久々に会えてうれしかったです。お互いにシーズンが残りわずかとなったので、お互い目標に向かって頑張りましょうという話をしました。

    ――残り5試合、首位(新潟)と勝点3差、3位(岡山)と勝点5差、この状況をどう捉えている?
    目標はJ1昇格とはっきりしていて、相手チームのことは自分たちではどうしようもできない。
    残り5試合でしっかり結果を出せるかどうか、目の前の試合をすべて勝つことに集中して戦いたいです。

    ――今節は新潟や岡山より1日早く試合が行われますが?
    あまり関係ないですねそこは。自分たちの試合がすべてです。

    ――一昨日の練習でFW陣が好調な印象。クレーベ選手のコンディションは?
    練習には参加していますし、制限がある中ではありますが、徐々にコンディションは上がってきているので期待しています。

    ――ハイネル選手が出場停止で外国籍選手枠が1つ空きます
    7人の外国籍選手がいるので、ハイネルが不在であれば、他の選手にチャンスが回ってくる。ただ、勝つために18人のメンバー、11人の先発を選びたいと思っています。

    ――V・ファーレン長崎の印象は?
    しっかりとした守備をベースに攻撃に関しては個の能力の高い特徴のある選手が脅威になってくる。中盤に上手い選手も多いので個人能力の高いチームだと思っています。

    ――松田浩監督からファビオ カリーレ監督に変わって感じる変化は?
    守備に軸を置いているという部分では大きな違いはない。最近ではシステムを変えて3バックも採用しているので、その部分は見える部分として変わっているのではないかと思う。

    ――長崎は7連戦で中2日の試合。アドバンテージと感じる?
    そう思っていても、それを感じない試合もあるので、そこは気にせずベストを尽くすことが大事だと思う。メンバーに関しても上手くターンオーバーしているのではないか。

    ――警戒する選手
    2チーム作れるくらいメンバーがいるので絞るのが大変ですけど。都倉賢選手、クリスティアーノ選手、エジガル ジュニオ選手、植中朝日選手、山崎亮平選手ら誰が出てきても脅威になると思います。それを活かすだけの中盤に上手い選手が揃っているので、非常に手強い相手だと思っています。

    ――この後会見を控える亀川選手への評価
    堅い守備をベースに豊富な運動量、積極的なオーバーラップなど、華やかさはないかもしれないけど、チームにしっかり貢献してくれていると思います。彼は昇格を含め、たくさんいろいろな経験をしているので非常に頼りになる存在です。
    色々なポジションをやってくれていますし、チームを陰で支えてくれていると感じています。

    亀川 諒史

    Masashi KAMEKAWA19DF

    ――昨季までプレーした古巣V・ファーレン長崎との対戦。どんな心境ですか?
    一言で楽しみっていう感情と、横浜FCとしては勝たなければいけないという大事な一戦という位置づけですが、楽しんでやれればなと思っています。

    ――長崎での3年間はどういったものだった?
    J1から降格した年に声をかけてもらって「昇格をするんだ」という強い気持ちを持ってやってきましたができずに横浜FCに移籍した中で、昇格出来なかったということが心残りではあります。最後のシーズンは怪我でなかなかプレーする姿が見せられない中で出てきてしまったので、明日は久々にトラスタのピッチでプレーすることができると思うので頑張っている姿を見せられたらいいなと思っています。

    ――前節のヴァンフォーレ甲府戦は4戦ぶりの勝利でしたが、振り返ってどんな試合だった?
    立ち上がりのビックチャンスを決めきれず前半はボールを握られてペースを持っていかれた印象はありましたが、「90分間の中で戦おう」という話を試合前も全員で話していた。だから前半も90分間の中の最初の45分だということは頭の中で整理できていました。ボールは持たれましたが、やられるという感じもなかったので、後半もヨモさんの指示やみんなで修正をした中で後半は自分たちのペースで戦うことができました。前半からできたらよかったのかもしれないが、相手も勝たなければいけないという状況でやってくるので。上手くいかなくなったときにどうチームで戦っていくかというのは今本当にすごく大事だと思っています。それが甲府戦では上手くできました。

    ――ハーフタイムでどんな修正をした?
    まずはしっかり後ろからビルドアップしていこうというところと、ウィングバックのところが空いてくるのが分かっていたので、そこを積極的に使っていこうとは言われていました。

    ――群馬戦あたりから亀川選手が3バックの左に入って、5バックで守っている試合は無失点ですがどう捉えている?
    やられてもおかしくないピンチはその中でもあったし、ブロが止めてくれた場面も多かったですが、ある程度守備にシフトしたときは守れるという自信はチームとしてついてきていると思うし、僕自身も試合に出させてもらっている中で守備の選手として失点しないということは心掛けているところです。あとは5バックでも3バックでも後ろの選手が前の選手に声を掛けて動かさないと、上手くいかないと思っているので、声掛けの部分は僕自身心掛けて特徴として出していきたいと思ってやっています。

    ――最近の試合5バックで守る際の亀川選手は素晴らしいですが、自分で開眼した感覚はある?
    自分で自分を評価したことはなくて、評価は周りの人がしてくれることなので自分がどうかとは思わないですが、自分が出たときに何ができるか、自分が出ることで出れない選手がいる中で、なぜ自分がチョイスされて何が求められているのかというのは整理している部分ではあります。甲府戦は僕とガブリエウとタケ(岩武)が並びましたが、今までの(中村)拓海と組む時は、拓海が上がりたいタイプなので、自分は攻撃に関しては自重してタイミングがいい時だけと考えていることが多いです。タケと組む時はどちらかというと自分が積極的に前に出たほうがスムーズにいくと感じるので、3人の組み合わせやウィングバックを誰がやるかなどを踏まえて、選択肢を持ってやっていかないといけないと意識してやっています。ただ自分が試合に出ているからどうというのはあまり考えたことはないです。

    ――V・ファーレン長崎の印象は?
    自分が在籍していたころからチームとしてもクラブとしても大きくなっていく中で、J1を目指して、そういう選手を集めていて、個のスキルが高い印象です。シーズン序盤は監督交代もあった中で苦しんでいる部分もあるが、個の能力は間違いなくあると思っているので、上手くいっていないときの1発の能力というのは、うちと似たような部分もあると思っているので、気を抜かずにやっていきたいです。相手もプレーオフに向けて負けられない状況ですし、自分たちも昇格に向けてもう落とせないという状況なので意地と意地のぶつかり合いになってくると思います。

    ――松田監督からファビオ カリーレ監督に交代してからの変化は?
    後ろからボールを大事にしている印象で、選手ともたまに連絡をとったりしますが、そういう監督だという話は聞いていますし、見ていてもゴールキックからしっかり繋ごうという意識が見えるので、そこは変わっていっている部分だと思います。裏を返せば自分たちがそこでひっかけられれば、より高い位置で奪えると思っているので、相手のストロングを自分たちが消していければ上手くやっていけると思っています。

    ――どういう選手と連絡をとっている?
    一番連絡とるのは大竹洋平選手です。(湘南ベルマーレ時代も一緒にプレーしたので)エイジくん(武田英二郎)も洋平とよく連絡とったりするらしいので、洋平と話したことをエイジくんと話したり3人の組み合わせが多いです。

    ――横浜FCのファン・サポーターが長崎に駆けつけてくれると思うので、おすすめのお店を教えてください。
    僕がよく行っていたのは「きばらし」っていう焼肉屋で、自分たちを子どものように思ってくれている本当にやさしいおじいちゃんとおばあちゃんがやっているお店です。長崎のファン・サポーターも良くきていましたし、長崎の温かみを感じる思い出の場所です。スタジアムから少し離れていますが。

    ――攻撃的サイドバックでやってきた中で、今守備を評価されているのはどんな心境?
    自分の中で攻撃的なサイドバックとしてやってきたが、今季ウィングバックもありますが3バックが多くどちらかというと守備でという場面が多いのですが、自分の中ではやっぱりゴール前に顔出したいという気持ちはあります。ただチームのやり方もあるので、まずは自分のエゴよりチームのことを優先しないといけないし、そういう歳でもあると思いますし。若い時は「チームより自分が」ってやっていた時もありましたが(笑)、この年齢になってきて、まずは自分よりチームのことを考えないとと思ってきたときに守備のところで買われているからこそ今後ろで試合に出させてもらっていると思う。もともと守備の1対1はストロングとして出してきた部分もあるので。前節はタクミが出ていない分自分が上がったほうがいいと思っていたので、数試合前よりは攻撃の場面が多かったと思っていますが、そこはバランスを見ながら。ただ、このまま守備の選手と思われて終わるのだけは嫌だなと思っている部分も自分の中であるので(笑)、攻撃面も自分の良さをもっともっと出していきたいと思います。

    ――ありがとうございました。明日3点目を期待しています。
    ありがとうございます(笑)。