横浜FC

  • RESULT
  • REPORT
横浜FC


VS. 栃木SC

12.03 Sat

11:58 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

栃木SC

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL

GOODS グッズ情報

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 3,900 3,900 4,400
②メイン中央指定席 大人 2,970 3,500 4,000
小中高 2,000 2,000 2,000
③メインホーム前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
④メインホーム後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑤メイン前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑥メイン後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑦HAMABLUEシート 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑧バックホーム前段指定席 大人 2,290 2,700 3,200
小中高 1,300 1,300 1,300
⑨バックホーム中央指定席 大人 2,120 2,500 3,000
小中高 1,300 1,300 1,300
⑩バックホームエンド 大人 1,950 2,300 2,800
小中高 1,100 1,100 1,100
⑪ホームゴール裏 大人 1,780 2,100 2,600
小中高 500 500 500
⑫アウェイゴール裏 大人 - 2,100 2,600
小中高 - 500 500

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――本日の試合の総括をお願いします。
    敗戦という非常に悔しい結果になりました。ただ選手が90分、最後まで戦い抜いてくれたことと、後半は前半の修正をしてアグレッシブな姿勢を出して、前でプレーできたこと、前進してチャンスを作れたことに関しては、非常にポジティブにとらえています。この姿勢を続けて残りの試合を戦っていけば、必ず結果がついてくると思っているので、チームとしての一体感を失わずに切り替えてやっていきたいと思います。山形まで遠くにたくさんのファン・サポーターの方が来てくださって、何とかしてチームとして勝って恩返ししたかったのですが、それができずに非常に申しわけなく思いますが、本当に心強かったです。感謝しています。

    ――ボランチで起用したハイネル選手は6試合ぶりのスタメンになりましたが、狙いは?
    中盤でのボール奪取、推進力に期待して起用しました。

    ――前半かなり押し込まれて決定機も作られましたが、ハーフタイムの修正は?
    やはり、もうちょっと前からプレッシャーをどうかけるかというところと、押し込まれたときにあそこまでやられないようにどう守っていくのか。そこを後半は修正できたと感じていますが、一瞬の隙を突かれて失点してしまいました。

    武田 英二郎

    Eijiro TAKEDA17DF

    ――本日の試合を振り返って。
    前半からすごくたくさんピンチがある中で、相手の勢いに飲まれてしまった部分が特に前半はありました。後半はある程度修正できて、互角の試合に持ち込めたと思いますし、こっちもチャンスがあって決める機会があったと思います。でも前半の入り、前半の試合展開というのは改善しないといけないし、このままだったら自分たちが目指しているところに行けないんじゃないかという危機感は僕も含めてチーム全員が持ったと思います。

    ――ハーフタイムの修正は?
    やっぱりディフェンスで、どう守っていくかというところ。僕のところだったら、相手のサイドバックの3番の選手(半田陸)がすごく高い位置を取ってきて、樺山(諒乃介)選手が中を取ってきたので、そこをどう左サイドで見るかといった、守備のことが多かったです。

    ――また中3日で次の試合が来ますが、立て直したいところは?
    まずは気持ちの面ですね。平日のナイトゲームなのにファン・サポーターの皆さんが多く来てくれて、その皆さんにふがいない試合を見せてしまったことが一番悔しい。次の試合は相手も替わるし、内容も違ってくるので、気持ちの面で立ち直って、前向きに力強くプレーしていくことがすごく大事だと思います。

    齋藤 功佑

    Kosuke SAITO8MF

    ――本日の試合を振り返って。
    悔しい試合になりました。今まではボランチで先発から出場することが多かったですけど、今日はシャドーでプレーするということで、前の選手とのつながりを意識しながら攻撃に絡んでいくことを意識しました。(小川)航基が1トップで、僕と(長谷川)竜也くんが2シャドーに入る形で、中盤に枚数を増やして攻略していこうというイメージでした。

    ――攻守ともに上手くいかない試合になりましたが、難しかった部分は?
    本当に山形のやりたいようにやられていたというか、上手く攻撃されて、ボールを取ったあとに切り替えでまた失ってしまうことが多かった。前半は守備でハマらない部分が多くて、後半は少し修正できましたが、それを前半からやれないと(90分は)もたないなと思いました。

    ――今日の試合で学んだところは?
    やはり守備の部分で、どうやって限定していくかというのと、チーム全体で共通認識を持ってやれるかというところ。負けましたけど、後半は修正できたので、そこは次につなげていきたいと思います。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――前節を終えて、3位のファジアーノ岡山と勝点5差になりましたが。
    やはり昇格を争う相手になってくるので、そのチームとの差は常に意識していますが、相手チームの結果は僕たちに動かせないので、自分たちのやれることに目を向けて、準備のところと勝つために全力を尽くすということに集中することが大事だと選手たちには伝えました。

    ――以前武田英二郎選手が、「追う立場の時は追いつける気がしない、追われる立場の時はすぐ追いつかれる気がする」と話してくれたことがありました。監督はどのように捉えていますか?
    そういう心理というのは追う側も追われる側も持ち合わせる弱さの部分だと思う。相手がそう思っているのであれば、自分たちが結果を出せば、より嫌がられるのは確かだろうなと。そこをマイナス思考にならずにポジティブに挑戦していくことが大事なのかなと思います。僕は選手たちがそういう思考になれるようにリードしていきたいと思います。

    ――中3日のトレーニングで重きを置いたことは?
    コンディションの回復以外には、前節の振り返り、次に向けた最低限の確認事項を今日の練習で整理しました。

    ――最低限の確認事項とは?
    相手の攻撃的なスタイルにどう対応していくのか、あとはセットプレー含め確認しました。

    ――モンテディオ山形の印象は?
    かなり攻撃的、パスサッカー、攻撃思考の非常に強いチームだと思っています。

    ――前回対戦から変わった部分は?
    大きくは変わっていないですが、ざまざまな理由などあって終盤戦にきているとすると、お互い成長した中で対戦を迎えるということだと思います。

    ――警戒する選手は?
    一人ではないですけど、外国籍選手は個人の力がありますし、今夏加入したディサロ燦シルヴァーノ選手の得点力、樺山諒乃介選手の個人のセンスのある打開、山田康太選手が復帰してくるのかというところは頭にはあります。攻撃のスタイルがチームとして確立されているので、個人というよりはチーム全体で組織的に対応していかなければならないと思います。

    ――前回対戦では、両チーム攻撃的で面白い試合展開でしたが今回も同じような展開になる?
    攻めるときは攻めるというのは失わずに出していきたいですし、今のサッカーは良い守備から良い攻撃というのも大事になってくるので、両面で機能していけるように戦っていきたいです。

    ――スベンドブローダーセン選手の今季の活躍について
    ゴールを守る部分については、シュートを止める能力の高さに救われている。ビルドアップのところのチームとしての要求にもトライしてくれている中で、チームとしても彼も上達してきていると感じます。

    ――日本語の上達ぶりについては?
    誰に教えてもらったらこんな上手になるんだろうと思いますね。1年でここまで話せるのは素晴らしいなと思います。

    ――山形は昨季からピーター クラモフスキー監督が就任して、今季は失点も少ない中で前回対戦から変わったと感じる部分は?
    大きくは変わっていないと思いますが、多少流動的に攻めるようになったと感じます。フォーメーションなども含めてですけど。選手は夏の移籍を含めて少し変化しましたね。

    ――攻撃的なスタイルのチームとの対戦について。
    正直どことやっても公式戦の緊張感はあるしわくわくはしますが、この時期にきて、なかなかそのようには思えないのですが、理想としてはお互いにアグレッシブに得点を取りあうような試合を見せたいし、横浜FCのファン・サポーターにはそういう試合で勝利を見せたいという想いはある。

    ――試合数が少なくなる中で、監督自身にかかるプレッシャーや重みなどは?
    シーズン終盤というところで、明確に目標に対してあとどのくらいとか逆算して見えてくる部分があって、そういった緊張感やプレッシャーを感じながら楽しんでもいます。

    ――プレッシャーは楽しめるタイプですか?それとも早く終わって欲しい?
    半々くらいですね。終わったら終わったでまたあの感覚が欲しいなと感じると思います。早く楽になりたいという気持ちもある。両方です。

    ――最後の連戦ですが、最後の正念場というイメージはある?
    中3日の2試合目なんで体力的な問題は全くない。短期間で3試合をしっかり戦って、結果を出したいという気持ちはあります。最後の3試合目になったらそういう選手がでてくるかもしれないが、7日間での3試合と8日間の3試合では全く違うので、連戦という感じはあまりしないです。

    スベンド ブローダーセン

    SVEND BRODERSEN49GK

    ――今日は通訳なしですか?
    今日はいません。(笑)
    (通訳:池田)一応いますよ。(笑)

    ――現在のコンディション
    シーズンを通して、コンディションは良い状態に保てています。監督やスタッフのトレーニングやケアのおかげです。

    ――今季、好調をキープできている理由は?
    私が加入した当初から、日本という国には違和感なくなじむことができました。昨シーズンから好調さは維持できていると思います。昨シーズンはJ1、今シーズンはJ2が舞台という事で、ゲームスピードだったり違う部分はありますが、自分自身のスキルなどは向上していると感じています。

    ――昇格争いが続いている中で、明日の山形戦はどのようなプレーが必要になってくるか?
    もちろん岡山の状況はチーム全員が理解しています。ただ、我々は昇格だけでなく、優勝を目指してやっているので、自分たちのメンタリティとして、追われているという事ではなく、向かっていくという気持ちでポジティブなエネルギーをキーパーから与えていけるように意識している。勝ち続けることで前向きな良い状態を作り出していきたい。

    ――横浜FC愛が強いブローダーセン選手だからこそこのチームで優勝したいという想いなのか
    もちろんこのチームは好きですし、ファン・サポーターも温かくサポートしてくれています。横浜FCに関わる全ての人たちのためにという想いは当然あるのですが、ただ純粋にサッカーが好きですし、勝ちたいという想いがあります。またカテゴリーに関わらず、キャリアの中で優勝を経験できる機会は訪れないかもしれない。だからこそこのチャンスを自分たちで掴み取りたい。残り7試合自分たち次第で掴み取れるチャンスがあるので、集中して勝ち続けられるように。

    ――これまでのキャリアで優勝の経験は
    本当に小さいころに県大会のようなもので優勝した経験はありますが、プロキャリアの中では一度もありません。先ほども言いましたが、カテゴリーに関係なく優勝というのは一度か二度訪れるチャンスですし、優勝することで人々の記憶に残る経験になると思うので、そこを目指してやっていきたい。

    ――失点が多い試合と無失点の試合と出入りが激しいことについて。
    大宮、岩手の試合は決して良い試合内容ではなかったです。山口戦も最後の集中力が大きな差を生むのかなと思っています。小さな部分が勝敗に関わってくるので、そういった部分をこだわってやっていきたい。
    明日はダイジョウブ。カチマス。

    ――前半戦は無失点の試合が3試合、後半戦はここまで7試合。ディフェンス陣の手ごたえは?
    どこか大きく変えた部分などは無いですが、残り時間が少ないところで失点してしまう部分があるので、改善しなければならないです。前半戦は確かにクリーンシートは少なかったですが、より多く得点して勝った試合が多かったので、勝利できれば、得点を入れられても問題はありません。勝つことが大事だと思います。

    ――モンテディオ山形の印象
    彼らのスタイルとして、ハイプレッシャーが特徴なので自陣ペナルティエリア付近ではよりシンプルなプレーを心掛けた方が良いかもしれません。前回対戦も踏まえて、彼らがやりたいことは理解しています。前回対戦では航基(小川)が得点を挙げて、勝利しましたが、試合を重ねるにつれて彼へのマークが厳しくなっているので、その分他の選手のマークが緩くなると思うので、そういった選手が得点を挙げたり、アシストして、チーム全体が波に乗れるような勝ち方ができればと思います。

    ――攻撃的なスタイルの山形への対応
    ロングボールを蹴ってくるチームに比べて、よりコンパクトに対応しなければならないです。スライドやギャップができないように細目に修正しながら、やっていきたいと思います。良い準備ができたと思うので、明日それが発揮できればと思います。

    ――チームコンセプトのビルドアップとの向き合い方について
    ビルドアップに関しては、出場している選手によって特徴が違うので、そこも踏まえてやり方、考え方を変えています。最近の試合では田部井選手が真ん中でしっかりボールを受けれるので、彼を見ながら、展開していくことを考えています。真ん中を締められたら、亀川選手だったり、中村拓海選手のポジションが空いてくるので、状況に合わせて選択できていると思います。ただ、山形は前線からのプレッシャーの強度が高いので、そこだけにとらわれず、シンプルにより早く攻撃することも意識しています。相手や状況に応じて、最適なやり方を見つけていきたいと思います。