横浜FC

  • RESULT
  • REPORT
横浜FC


VS. 栃木SC

06.28 Tue

06:16 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

栃木SC

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL

GOODS グッズ情報

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 3,900 3,900 4,400
②メイン中央指定席 大人 2,970 3,500 4,000
小中高 2,000 2,000 2,000
③メインホーム前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
④メインホーム後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑤メイン前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑥メイン後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑦HAMABLUEシート 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑧バックホーム前段指定席 大人 2,290 2,700 3,200
小中高 1,300 1,300 1,300
⑨バックホーム中央指定席 大人 2,120 2,500 3,000
小中高 1,300 1,300 1,300
⑩バックホームエンド 大人 1,950 2,300 2,800
小中高 1,100 1,100 1,100
⑪ホームゴール裏 大人 1,780 2,100 2,600
小中高 500 500 500
⑫アウェイゴール裏 大人 - 2,100 2,600
小中高 - 500 500

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    SHUHEI YOMODA監督

    ――本日の試合の総括をお願いします。
    前節は大敗しているので、今節はそれをくつがえすメンタリティを、自分たちが上に行くんだという強い気持ちをピッチで示していこうと話をしていました。選手が今日は非常に気持ちを込めてピッチで表現してくれたと思います。それを結果につなげることができたことが、今日の一番大きな勝因だったと思います。
    今日は相手チームのプレースタイルから、セカンドボールの奪い合いが非常に大事になると思っていました。そこに対しての集中力が非常に高く、前半は風下の中でも自分たちが主導権を握りながら試合を進めることができました。今日はコーナーキックなどセットプレーを多く取ることができて、そこから点を取ることができたのも非常に良かったと思います。
    後半も、前半を上回るような内容でやっていこうということで、選手はピッチで集中してやってくれました。最後に失点してしまったのは少し残念ですが、それは継続した課題として今後改善していきたいです。
    盛岡までたくさんのファン・サポーターが応援に来てくれて、とても心強く、非常に感謝しています。

    ――ハイネル選手が今季初出場しましたが、彼に期待した役割は?
    セカンドボールを奪うところです。彼は非常に戦える選手で、ルーズボールを奪うとか中盤のボール奪取が特徴なので、そこを今日はよく発揮してくれたと思います。

    ――サウロ ミネイロ選手が今季初ゴールを挙げました。練習ではどんどん調子が上がっているように見えましたが、ここまでなかなか結果が出ない中、どんな声かけをしていましたか?
    チームのやり方に順応していかなければいけないというところ。そこに対して努力してもらいたいと。最初はコンディションの悪いところからスタートして、少し出遅れた中で、彼が努力を続けてくれて、試合にも絡めるようになってきましたし、試合に絡みながらコンディションも試合体力という意味で上がってきて、それとともにチームのやり方にもだいぶ慣れてきた感じがありました。最近は非常に良い状態にあると思います。

    サウロ ミネイロ

    SAULO MINEIRO13FW

    ――本日の試合を振り返って。
    前節負けてしまったので、強い気持ちを持ってこの地に乗り込んできました。岩手も良いチームでしたから、やはり難しい立ち上がりになりました。試合の入りで何回かチャンスを作られましたが、なんとかしのいで、アウェイで3ポイントを取ることができて良かったと思います。

    ――後半に挙げた追加点の場面を振り返ってください。
    自分たちのゴールキックから、(小川)航基がうまくそらしてくれて、相手のディフェンダーもどうするか少し迷っていた印象でした。キーパーに戻すかどうするか、その隙を突いて自分のスピードを生かして、キーパーも少し出るのが遅れたようでしたから、何とか先に触ってゴールできました。

    ――今季初ゴールになりましたが?
    すごく嬉しいです。やっと初ゴールを決められました。時間がかかってしまいましたが、やっと取れてすごく嬉しいです。これを皮切りにどんどんゴールを取っていきたいと思います。前節の新潟戦、その前の徳島戦にしてもチャンスはありましたがなかなか決めることができませんでしたが、だんだんゴールの匂いが近づいてきていると思っていました。今日ここで決められて良かったと思います。

    ハイネル

    Rhayner2MF

    ――今季初出場になりましたが?
    長い間、この日を待ち続けて、我慢しながらチャンスが来るまでしっかり良い練習をして、監督が要求するところを何とかできるようにと常に考えていました。やっと今日この日に試合で表現することができて、監督に言われた役割を良いパフォーマンスでできたと思います。

    ――監督に言われた役割は?
    まず一貫性、安定性というところ。そこをいつも気をつけながら日々の練習に励んでいます。おかげで今日はチャンスがめぐってきて、試合の中でもそれを表現できたと思います。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――前節アルビレックス新潟戦を終えて選手の様子など。
    もちろんショックではあったと思いますが、3日経って選手も切り替えられているなと。次の試合に向けて、やり返してやるという意気込みは、昨日今日とピッチで十分伝わってくるので、引きずらずにピッチで示していきたいと思います。

    ――中3日で迎える、いわてグルージャ盛岡の印象は?
    攻守にアグレッシブに来るなという印象です。あとは、セットプレーの強さ。順位は高くないが、非常に危険で侮れないチームだと考えています。

    ――横浜FCとして公式戦での対戦は初。スタジアムなど環境面で読めない部分などはある?
    それを言ったらきりがないので、そこを覆すメンタリティを見せていきたいと思います。

    ――どういったところへ警戒が必要?
    セットプレーが非常に強いチームなので、その機会をできるだけ減らしたいです。

    ――秋田監督とは代表スタッフ時代に一緒に仕事をされていると思うがエピソードなどは?
    1年半くらい一緒に活動をさせていただきましたが、その後会う機会があれば挨拶するような先輩です。

    ――秋田氏の選手として監督としてのギャップなどは?
    勝負に厳しさを持った方なので、それがチームに表れている。センターバックで長くプレーしていたというところで、守備に対しての要求の高さ、セットプレーで試合を決めていくという、そういったところでのチーム作りは、秋田さんの選手時代の特徴などと関係あるのかなとは少し思います。

    ――この後会見を控えるガブリエウ選手のセンターバックとしてもっとも評価する部分は?
    センターバックとしての対人の強さは彼の売りなのかなと思います。あとは比較的チームで大型のセンターバックが少ないので、貴重な存在だと思っています。

    ――3バックの真ん中・左と試合によって違う場所で起用しているが、何か型があるのか、相手のマッチアップを見て決めているのか?
    味方選手との兼ね合い、相手選手の特徴を考えた上で最終的に決めています。

    ――いわてグルージャ盛岡と横浜FCは東日本大震災の復興支援活動を通して交流があることは知っている?
    横浜FCとしてそういった活動を積極的にしていて、毎年チームも現地に行っているというのは聞いています。Jリーグのチームとして、横浜FCが社会に貢献にしていくというのはすそ野にあると思っています。継続した活動の中で、今回は試合という形で少なからず喜んでいただければ、少ししか力にはならないかもしれませんが自分としては嬉しいです。

    ――この連戦の中で気温が徐々に上がっている中でのマネジメントについて。
    3試合連続で出る選手については多少疲労など考慮する必要があると思うが、中3日ずつある3連戦で、岩手は気温も高くなくナイトゲームなので、そこまで神経質になる必要はないと思っています。今ある中でのベストでぶつかっていければいいと思います。

    ガブリエウ

    Gabriel Costa FRANCA5DF

    ――アルビレックス新潟戦を終えて。
    いい試合ができなかったと全体的には思います。厳しい試合になることは予想はしていて、相手はとてもいいチームだと分かってはいたのですが、いい試合ができませんでした。試合で学ぶことは多く、ミスを繰り返さないということが大事だと思いますので、次戦はいい試合をしたいと思います。

    ――前節学んだこととは?
    色々学んだことはありますが、前半6分の間に2失点してしまったことが一番大きな修正点だと思っています。序盤に2失点をしまうと試合中に挽回が難しくなってしまうので、とにかく集中力を持っていい入りをするということが一番学んだことだと思いますので、それを繰り返さないことが大事だと思います。

    ――負傷している間、チームはなかなか勝てない時期が続いていたが、どうしたらこの流れから抜けられると思う?
    この状況を抜け出すためには、自分たちのことを信じて、自分たちのやっているプロセスを信じ続けてやり続けることが大事だと思っています。自分たちのやっていることをすぐに変えることは難しいですが、自分たちのやることを信じて、毎日やり続けることによって、時間と共によくなっていくと思います。常に自分たちのやれることをやって、助け合うことがこの状況を抜け出す一番大きなカギになると思います。

    ――大事な時間帯の失点を防ぐためには何が重要になる?
    高い集中力を持って、特に試合の入りを集中するということは大事になってくると思います。もちろん最初のところだけではなく審判の笛が鳴るまで集中することが大事だと思います。千葉戦で勝っている中で、最後相手にチャンスを与えて勝点1になったことや、徳島戦も勝点3は取れましたが終盤に失点してしまった。勝点3が1になってしまう、1が0になってしまうのはシーズン最後に得失点差でも響いてくると思うので1試合1試合を大事にしていきたいです。新潟戦では2点を失ったことでその後の試合展開を難しくしてしまった。なので立ち上がりの部分は重要だと思います。

    ――いわてグルージャ盛岡の印象は?
    相手はすごくプレッシャーの強いチームだと思っています。相手のホームということで、相手の地に乗り込んでいきますが、リスペクトしすぎずに自分たちの試合をすることが大事だと思っています。相手は何人も背の高い選手がいるので、クロスやセットプレーには気を付けながら自分たちのサッカーをしたいです。

    ――ブレンネル選手、モレラト選手は知り合い?
    直接の知り合いではないがとても良い選手です。彼らを自由にさせないように、いい試合をしたいです。

    ――ブレンネル選手とはマッチアップが予想されます。
    彼はスピードのある選手で、試合で対峙したら簡単にやらせない、試合の最初から勢いづけさせないことが大事だと思います。

    ――トムとジェリーが好きなんですね?
    幼いころから大好きなマンガです。サポーターの方にトムとジェリーを真似したプロフィール画を作ってもらったのですが、すごく感謝していて、Instagramのトップ画像にしています。