横浜FC

  • RESULT
  • REPORT
横浜FC

2022明治安田生命J2リーグ 第11節
VS. 栃木SC

04.23 Sat

16:00 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

栃木SC

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL

GOODS グッズ情報

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 3,900 3,900 4,400
②メイン中央指定席 大人 2,970 3,500 4,000
小中高 2,000 2,000 2,000
③メインホーム前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
④メインホーム後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑤メイン前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑥メイン後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑦HAMABLUEシート 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑧バックホーム前段指定席 大人 2,290 2,700 3,200
小中高 1,300 1,300 1,300
⑨バックホーム中央指定席 大人 2,120 2,500 3,000
小中高 1,300 1,300 1,300
⑩バックホームエンド 大人 1,950 2,300 2,800
小中高 1,100 1,100 1,100
⑪ホームゴール裏 大人 1,780 2,100 2,600
小中高 500 500 500
⑫アウェイゴール裏 大人 - 2,100 2,600
小中高 - 500 500

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――本日の試合の総括をお願いします。
    正直悔しいですし、残念な気持ちしかないというのが率直な感想です。前半良かっただけに、後半に3点差を追いつかれてしまったのは、起こしてはいけないことを起こしてしまった。ハーフタイムに攻撃、守備ともに相当に集中力を上げてもう一回入ろうと選手と確認したが、最初の1点を取られたところから相手の勢いにスイッチを入れてしまいました。われわれも多少足が止まったり、強度が落ちて、そこを突かれて失点してしまいました。そういったところを改善していかなくてはいけません。遠く群馬までたくさんのファン・サポーターの方が雨の中駆けつけてくれましたが、非常に残念な結果になり申し訳なく思います。ただ、シーズンは長くまだ続いていきますし、すぐ連戦が控えているので、そこでまたしっかりと勝ち切れるように、短い期間ですが切り替えて準備していきたいです。

    ――今季初先発となった渡邉千真選手に期待したところは?
    一番はゴールのところです。彼はFWとしていろんなことができるタイプで、ボールを収めたり、周りと連携していく、フィニッシュのところ、守備にも貢献してくれます。ここまで他の選手のパフォーマンスが良かったのでなかなか出番を与えられなかったが、彼は良い準備をしていたので期待していましたし、非常に良いプレーをしてくれたと思います。

    ――後半に相手の勢いを受ける形になってしまった要因は?
    また後でしっかりと映像を見て分析したいと思いますが、一番の要因はボールの取られ方が悪いとか、ディフェンスラインの守備の対応が少し緩かったと感じます。

    渡邉 千真

    KAZUMA WATANABE39FW

    ――本日の試合を振り返って。
    今シーズン初めてのスタメンで、試合に出るのも久々だったので、インパクトを残したかったし、ここ最近は引き分けてるので今日こそは選手の勝利に貢献できるようにという思いで試合に入りました。3点を取って自分たちの良い流れでしたが、後半は押し込まれる時間帯が多くて、ガラッと流れが変わってしまいました。そこが課題かなと思います。

    ――今季初ゴールになった得点場面を振り返ってください。
    ウチには良いキッカーがいますし、今日は(手塚)康平が良いボールを上げてくれて、タイミングが合ったのでうまく決めることができました。セットプレーに関しては相手のポジションや状況を見て変えたりするのですが、相手の間にうまく入ることができたと思います。

    ――今日の結果をどう受け止めますか?
    個人的には結果を残せましたし、プレーもある程度はできたと思うので、これを続けることと、チームが勝てなかったのでチームの勝利に貢献できるように今後もやっていかないといけないと思っています。また練習からしっかりアピールして、出られるようにやっていきたいです。

    イサカ ゼイン

    ZAIN ISSAKA20DF

    ――本日の試合を振り返って。
    前半は自分たちがアグレッシブに相手を見て攻略できた部分が多かったです。でも後半、自分を含めて運動量が落ちてしまって、3点のリードを追いつかれたというのは悔しいですし、ポジティブな面もありながら、ネガティブな面が多すぎた印象です。

    ――移籍後初ゴールを決めましたが、その場面を振り返ってください。
    小川(航基)のところに良いボールが入って、その瞬間にフリーになることができました。最初はクロスも考えていたけど、中にタッチしていってやり切るのがいいかなと思って、思い切り打ったら入ったので、それは良かったですね。ゴールできたのが遅すぎたので、喜びよりも『やっと取れた』という感じでした。もっとアシストできる場面もあったし、4点目、5点目を取れていればもっと良い戦いができたと思います。

    ――中2日ですぐ熊本戦がありますが、時間がない中で改善したいところは?
    一番はコンディションの部分。しっかり休息して次節に向かいたいです。後半に失点を重ねてしまうのはやっぱり課題なので、もう一度チャンスをもらえるならば、今日の悔しさを糧にして、次に同じようにならないように改善していきたいです。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――連戦の3試合目、チームの状況はどう見えていますか?
    もちろん連戦の疲れというのは試合が続くにつれて多少はありますが、それはあらかじめ分かっていたことなので、チーム全体で乗り切れるのかなと思います。あとは、ここ2試合引き分けで終わっているので、悔しいと思う気持ちを次の試合にぶつけていきたいというような雰囲気で次に向かっていると思います。

    ――前節の町田戦は運動量で押された印象だったが連戦の影響もあった?
    連戦の影響だとは思っていませんが、相手が「1点返す」という勢いに対して多少押された感はありました。
    その中でチーム全体でボールを前に運んでいく力だとか、相手が前掛かりに来ている中で追加点を奪える、それができるチームがJ1のレベルだと思うのでそこを目指していきたいと思います。

    ――内容は栃木戦と比べてかなり上向いた印象だが、ポジティブな影響はある?
    前半はチームとしてやりたいことができた部分での自信や達成感はあります。ただ後半追いつかれたことに対してももったいなさ、悔しい気持ちも同時にあるので、次の試合に向けて結果で返したいと思います。

    ――ザスパクサツ群馬の印象は?
    堅守が今季の彼らの躍進を支えている。そつなくカウンターとセットプレーでゴールを上げて、試合をものにするという、非常に難しい相手だと思っています。

    ――具体的に警戒する選手は?
    前線は機動力のある選手がそろっていますし、その中でも深堀隼平選手、加藤潤也選手は非常に危険な選手だと思います。ただ誰が出てくるか分からないと思っています。平松宗選手、北川柊斗選手も非常に力のある選手なので、仕事をさせないようにしなければいけないと思います。あとは、岩上祐三選手も経験がありゲームをコントロールする力があるので、チームとしてやることがはっきりしていて非常にまとまったチームだと思います。

    ――大槻毅監督の印象は?
    チームによって多少違いはあると思いますが、守備をしっかり構築しながら組織的に攻守において戦ってくることと、彼は非常に選手をまとめるのが上手いので、まとまりのあるチームを作ってきていることが彼の特徴だと思います。

    ――この後会見を控える高橋秀人選手へ期待すること。
    非常に経験豊富な選手なので、そういったところでチームをコントロールして、良い時も苦しい時も彼がまとめていってほしいなと思っています。

    ――高橋選手の前節のパフォーマンスについて。
    久々にゲームに出ましたが、攻守に非常に貢献してくれたと思います。彼の話を聞く限り後半少し体力的にきつかったというのは聞いているので、試合毎にその辺りは上ってくるのではないかと思います。

    ――連戦というとこでベンチワークも早めに動いていく?
    必然的に疲労度は蓄積してくるので、その辺りはしっかり見ながら先手先手はとっていきたいと思っています。ただ、あくまでゲーム展開を見ながら良い判断をしていきたいです。

    ――アウェイでの対戦ですが、正田醬油スタジアム群馬の印象は?
    2016年以来なので、群馬に限らず6年ぶりに行くJ2のどのスタジアムにも懐かしさを感じています。群馬の印象は、スタジアム中に車があって独特な雰囲気で、地元感が非常に強いスタジアムだと思っています。

    ――久々のアウェイのスタジアムはやりずらさもある?
    ホームでたくさんのファン・サポーターに囲まれて、自分たちがいつも戦っているスタジアムでやれる心地よさに比べると、多少なりともアウェイの大変さは選手たちはあるのだと思います。ただアウェイだからと言い訳を考えず、よりチームで結束してやらないといけないといつも考えています。スタッフとしてはスタジアムが違うからというのはあまりないですね。6年前の試合を思い出すことはあります。

    ――気温も上がってきましたがマネジメントなど気を付けている部分は?
    札幌の時は4月末だとまだ寒いので、この時期アウェイのデーゲームで気温が上がると相当暑熱順化のところで差が出るなと練習を考えたり、試合での水分補給を考えたりをチームでやっていましたが、横浜の場合は条件としては他の地域とほぼ同じなのでそこまで気にする必要はないのかなというところです。アウェイだけれど、横浜からいくとなると、近いので最高だなと思いながら移動しています(笑)。

    高橋 秀人

    Hideto TAKAHASHI4DF

    ――前節試合に出場されて。
    コンディションのところでは復帰したばかりなのですが、試合ができることの喜びが大きいかなという感じです。

    ――ザスパクサツ群馬の印象は?
    細貝萌さんが加入されたり、大槻さんが監督をされて、高校時代の2個下の岩上祐三がキャプテンマークを巻いて頑張っているという印象です。

    ――群馬のプレースタイルの印象は?
    若い選手が躍動している印象と、ボールを大事にしていると印象があります。後ろ三枚になってボランチ経由でワイドが高い位置を取るとか、低い位置を取るとか、意図的に相手を崩そうというのが目に見えているので、左右非対称にしたりとか、相手に合わせてもやるし自分たちの型もあってボールを大事にするというような、現代サッカーっぽいなという印象です。

    ――群馬県出身ということで地元で試合ができることへの想いは?
    プロサッカー選手になって群馬に戻ったのがおそらく2011年以来です。家族が見に来るみたいなので、少し恥ずかしいですが勝てるように頑張ります。

    ――学生時代のスタジアムでの思い出は?
    高校生の時は今の正田醬油スタジアム群馬という名前ではなくて、ザスパクサツ群馬も当時はプロサッカーチームではなく、練習試合などでよく対戦していました。メインスタジアムの隣のグラウンドで、高校サッカー選手権の準決勝・決勝で前橋育英や伊勢崎商業とバチバチ試合をしていた記憶もあります。群馬特有の「からっかぜ」というのですが、ゴールキックを蹴るとボールがふわーって戻ってきてしまうような風があるので、見ているお客さんやファン・サポーターがちょっと辛いかもしれません。時期的に(風が)今はあるか分かりませんが、高校サッカー選手権のあった秋冬はそんな印象があります。

    ――チームの中で自身としてどんなプレーをしたい?
    直近の試合は勝利がないのでチームとしてよりアグレッシブに攻撃的に相手のゴールを割る、前にボールを運んでいくということを意識をしていきたいです。置かれているポジションによってのプレーモデルや役割がチームとしてあるので、タスクや役割をしながら自分の良さを出せればいいと思っています。

    ――ある意味特殊なサッカーをしていると思うが手ごたえや充実感は?
    選手で切磋琢磨して、いい競争の中やれているので日々が充実していると思っています。その面悔しさもありますが、長いシーズンの中で先を見過ぎずに一戦一戦、一日一日やれることに向き合って、「紅白戦でバチバチやろうかな」とか考えながらクラブハウスに通勤しています。

    ――勝ち切れない試合が続く中で対策されているという感覚は?
    ほんのちょっと、2割くらい、今までより対策されているのかなとは思いますが、対策されたからこじ開けられない、シュートを打てないとならないようにしないといけないです。1年でJ1復帰を目指す中で、現状でいうと首位なのでリスペクトされるなかで、研究や一泡吹かせてやろうと思われるのは、J1から落ちてきたクラブの宿命だというのは監督もそう話していたので。良い競争の中で自分が出たときに結果を出すためにやらないといけないので、勝利以外は考えていない。チームとしても分析されてもそれを上回ればいいし、分析されることで新たな引出しが出てくると思うので成長して乗り越えられる一つのきっかけになると思っています。

    ――手塚康平選手とのボランチでコンビを組むことが多いが意識することは?
    康平のゲームコントロールとか左足のロングフィードやくさび、テンポ感やリズムを引き出せるようにしたいと思っています。彼からそういったところを学んでいる部分もあります。康平だけではなくて、ボランチで出るときはいろんな武器がある選手ばかりなので、その選手の良さを引き出せるように、また自分の知恵とか技術とか良さが出るように、彼らにも自分のことを知ってもらうようにしながら。ボランチだけではなく試合に出る18名で共有して、チームとしてのタスクをしながらそれぞれが連動しながらそれぞれの良さが出るような戦いの中で、相手を上回って、結果も内容も積み重ねていくことが理想だと思います。

    ――手塚選手は普段左にいる形が多いが、町田戦では高橋選手が左にいて、手塚選手が右にいる形が多かったがチームで決まっていたことだった?
    大まかな監督からの対策的な部分もありますが、山形戦は役割が逆だったと思うので、その時々のコンディションや対戦相手、言われていても状況に応じて変わる時もあるので、何が何でもそこにいないといけないというものはないです。チームのタスクを守りながら、攻撃から守備、守備から攻撃の中で立ち位置を変えるという部分と、相手の嫌なことをやるという部分での役割やバランスだと思っています。