横浜FC

  • RESULT
  • REPORT
横浜FC

2022明治安田生命J2リーグ 第9節
VS. ジェフユナイテッド千葉

04.10 Sun

14:00 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

ジェフユナイテッド千葉

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL

GOODS グッズ情報

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 3,900 3,900 4,400
②メイン中央指定席 大人 2,970 3,500 4,000
小中高 2,000 2,000 2,000
③メインホーム前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
④メインホーム後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑤メイン前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑥メイン後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑦HAMABLUEシート 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑧バックホーム前段指定席 大人 2,290 2,700 3,200
小中高 1,300 1,300 1,300
⑨バックホーム中央指定席 大人 2,120 2,500 3,000
小中高 1,300 1,300 1,300
⑩バックホームエンド 大人 1,950 2,300 2,800
小中高 1,100 1,100 1,100
⑪ホームゴール裏 大人 1,780 2,100 2,600
小中高 500 500 500
⑫アウェイゴール裏 大人 - 2,100 2,600
小中高 - 500 500

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――本日の試合の総括をお願いします。
    1-0で何とか逃げ切れそうな展開の中、土壇場で最後の最後に追いつかれたことは非常に残念です。ただ試合自体として、90分通して自分たちのやりたいことがやり切れたとは言えない展開でした。そういう意味では妥当な結果だったと思っています。

    ――特に前半押し込まれてしまった要因は?
    まず櫻川(ソロモン)選手を起点にして、ハイボールだったりポストプレーで押し込まれることが続いてしまいました。攻撃に関しても、相手の高い位置からのプレッシャーに対して効果的に前進できませんでした。そこが自分たちのやりたいことができなかった要因だったと考えています。

    ――前半終了間際に先制し、後半に追加点を上げるプランは?
    選手には『1-0ではなく0-0のつもりで』という話をした。チャンスがあれば2点目をねらいにいこうと。自分たちがいつもやっていることを前半は出せていなかったので、そこを出しながら追加点をねらいました。ただ、全般的にアウェイの難しさというか、やりたいことができない、何となく体が重たい、五分五分のところが相手にこぼれてしまうというところが多かったと見ています。

    ――プロ初スタメンとなった田部井 涼選手に期待したところと評価は?
    いつも練習でやってきたプレーを、怖がらずに受けたり、しっかり上下動して攻守にかかわっていくハードワークすること。十分にやってくれたと思います。

    長谷川 竜也

    Tatsuya HASEGAWA16MF

    ――厳しい試合でしたが、今日の試合を振り返ってください。
    マンツーマンの相手にもっと主導権を握っていかないといけないということを痛感させられた試合でした。1-0で勝ち切れる手前までいってやられてしまい、最後の締め方という部分で、何をすべきかをチームで共通理解をもたないといけないし、こちらが勝ち切れる場面で相手がパワープレーできてもしっかりと全員が戻って要所要所しっかり押さえられるということが強くなっていくには必要だと悪い内容なりに感じました。こういう相手にもっと握れないとだめだし、最後の最後で失点してしまう自分たちのもろさというのはあるので、課題としてしっかりと次の試合に向けて練習から意識を変えないといけないという教訓になった試合でした。

    ――得点シーンを振り返って。
    あの位置でどフリーだったので、中を見たときに航基と翔さんが入っているのが見えて、あそこのクロスは合わせるだけなので、少しニア気味に来ていたからニア気味に蹴りました。良いボールが蹴れたので、あの場面はいい質を出せたのではないかと思います。

    ――長谷川選手から小川選手はホットラインになりつつあるが?
    相手がしっかり戻ってくるチームだったから、ブロックの中であまり受けられなかったので、少しブロックの外だったけれど、航基や翔さんというヘディングがちゃんとできる選手がいるので、ボールさえよければ小さなスペースでもチャンスになる。蹴る側はしっかり動きを予測して、しっかり見て丁寧に蹴りこむというのを意識すれば、こういった苦しい試合でも1本でチャンスは作れるのかなと思いました。そういった部分は続けていきながら、そんなことよりもチームとしてもっとマンツーマンできても剥がせるような力をつけないといけないなと感じました。

    ――今日は田部井選手が初先発でしたが何か声かけはしましたか?
    彼自身も大学での経験など色々あると思うので、普通にしっかりやってくれましたし、前半は少し硬かったですが、後半はよりチーム全体で前向けたりとかして、彼自身も前に前に選択できるようになっていたので、お互いいい距離感でやろうというような声かけはしましたけど、ルーキーだけど大卒でもうしっかりとした大人なので、彼自身がよくやってくれたと思います。

    ――今日も多くのファン・サポーターが駆けつけてくれました。
    すごくいい雰囲気を作ってくれていたので、勝ってみんなで喜びを分かち合いたかったですが、ホームでこの悔しさをしっかり晴らせるように、頑張ろうと思うので、ホームでよりたくさんの方々の前で勝利する姿を見せたいので、またたくさん応援に来てください。

    小川 航基

    Koki OGAWA18FW

    ――本日の試合を振り返って。
    けっこう厳しい展開でしたが、前半を0-0で折り返していけばいいというところで点を取れたというのは良かったです。でも今後を見ていく上でも、この内容というのは良くないので、改善が必要だと思う。先制点がこのゲームは大事だと思っていたし、先制点が取れて後半はみんなが前向きに進められました。でも2点目が取れなかったのは課題ですし、最後の失点は悔しいですが、そこにフォーカスしちゃいけないと思っています。2点目を取れなかったところと、内容をしっかり見つめ直さないといけないと思います。

    ――得点場面を振り返ってください。長谷川 竜也選手からのクロスでしたが?
    良いクロスが上がってくるというのは分かっていた。あそこに飛び込めばチャンスはあると。CBの間にポジションを取るというのが一番大事なところで、そこにポジションを取れたのが良かったです。

    ――好調が続いているが、きっかけは?
    正直、きっかけというのはなくて。僕は得点を取るということには長けていると思いますし、得点を取る能力は高いと思っている。それが上手くこのチームの戦術とマッチしたというだけだと思います。攻撃的なサッカーですし、クロスも多く入ってくるし、前の選手にはチャンスがあります。そのチャンスを決め切る能力がある選手がいれば、このチームでは間違いなく点が取れる。たまたまと言ったらたまたまかもしれないけど、自分の能力を考えれば、たまたまではないですね。

    田部井 涼

    Ryo TABEI14MF

    ――プロ初先発でしたが、監督からはどんなオーダーを?
    自分はアンカーの役割だったので、相手の1列目を越える立ち位置を取りながら前への配球を求められていました。手応えはそんなにないです。後半みたいに受ける意識を、前半から保つべきだと思いました。前半はジェフさんの圧もかなりあって、前向きなパスを全然出せませんでした。そこで立ち位置もそうですが、1メートルずらさないとか、そういうところをこだわっていかないといけないと感じました。

    ――前半はチームとしても苦しい展開でしたが?
    前からも(プレスを)ハメられなかったですし、(ロングボールを)蹴られて櫻川ソロモン選手に収められてしまう場面がすごく多かった。守備でも主導権を握れないし、攻撃でも相手がゴールキックからどんどんマンツーマンでハメてきたので、そこはチームとしても苦しみましたし、自分個人としても前を向く場面もあったけどそのあとのプレーの質も全然高くなかった。後半は相手も落ちるのも分かっていた。そういう質の部分を前半から出さないといけないとすごく感じました。守備でも前半は力不足というか、もっと強度を上げていかないといけないと感じています。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――新たにコロナ陽性者判定者が1名増えたことについて。
    感染対策はクラブ・チーム全体で最大限やってはいるが、その中で出てきてしまったのは仕方がないと思っている。
    ただ、そこを想定しながらメンバーを組んで、チームとしては進んできているので、例え毎試合感染者が出てしまったとしてもいる選手でベストを尽くすというスタンスは変わらないです。今節もいる選手たちでしっかりと戦って勝点3を取れるようにやっていきたいです。

    ――前回伺った時に選手層の厚さが武器になり代わりに出た選手が頑張ってくれているとおっしゃっていたがカバーをできている実感はあるか?
    ギリギリの中でやっていますが出た選手が非常にいい働きをしてくれています。正直ポジション的に言うと偏りがあってかなり苦しいポジションもあるんですが、今のところは出た選手たちがいいパフォーマンスをして補ってくれています。

    ――こういった状況でなかなかチャンスの来ない選手の目の色も変わってくるのでは?
    常にいつ出るか分からない状況で、必ずどの選手にも1年に何度かチャンスはやってくるはずだからそのときにいい準備をしているかどうかだとは言っているので、そこを掴むか逃すかは選手次第ですね。

    ――昨日ユースから6選手の2種登録が発表されました。コロナ対策的な部分もある?
    そういう意味合いもあるかもしれませんが、いま横浜FCがアカデミーの育成という面でいい方向にいっていて、結果的にユース にいる選手が非常に力をつけてきているので。どの選手もコロナだからということではなく、今後に向けて楽しみな選手がたくさんいるという理解をしている。もちろん学校やユースでの活動も大事になってくるので、トップチームの活動に参加できる回数は少ないのですが、シーズンの中でチャンスと力があればこちらとしてはどんどん起用したいと思っている。

    ――コロナ禍だからといって常にトップチームの練習に参加しているわけではない?
    ただキャンプには何人も参加して、練習試合も何度も来ているのでトップチームのやり方も含めて理解してくれていると思うし、こちらも彼らの特徴は把握はしているので、比較的チャンスがあればスムーズに起用ができるのではないかと思います。

    ――明日の対戦相手、ジェフユナイテッド千葉の印象は?
    組織的な守備で失点数も少ないですし、非常にチームとして堅い守備をベースに、1人1人は能力の高い選手もそろっていていざ攻めたときの攻撃力もあると思っているので、アウェイでもあり厳しい試合になると予想しています。

    ――守備的な面は尹晶煥(ユン ジョンファン)監督らしさが見える?
    彼らしさというか、(彼の)セレッソ時代もそうだったが、安定した守備から結果につなげていくということに長けた監督だと思っています。彼とはかなり久しぶりの対戦になるので楽しみにしています。

    ――警戒する選手は?
    昨季得点を量産した見木友哉選手や、まだゴールは少ないが将来性抜群の櫻川ソロモン選手は非常に能力が高いと思っています。

    ――190センチの櫻川ソロモン選手にボールを集められると厄介?
    毎試合そういう選手は対戦相手にいるので、特に変わる部分はないです。

    ――伊藤翔選手が2ゴールで結果を出しているが彼に監督が期待すること、今季の評価は?
    スタメンにしてもサブにしても常にプロフェッショナルにいい準備をして、状況に応じたパフォーマンス発揮してくれているなと評価しています。彼は何でもできるタイプのストライカーで守備も攻撃の組み立てにも参加できますし、突破のところのコンビネーションもうまかったり、自分でボールを持っても自分でシュートまで持っていく力もあります。今季は限られた時間の中で4得点という結果を出しているので好調を支える立役者だと思っています。

    ――この後会見を控える、山下諒也選手のこれまでのパフォーマンスについて。
    途中交代でスーパーサブとして流れを変えて、チームを勝利に導いてくれた功労者というか、非常によくやってくれていると思っています。前節初めてスタメンでフル出場をして、当然彼はスタメンを狙っていると思うし、こちらもそういった働きも期待している選手なので、90分通して彼の良さを出す回数を増やしてほしいというところを期待しています。

    ――彼がスーパーサブという立ち位置だった部分について。
    チームとしては彼がスーパーサブとして控えているほうが機能することや、相手にとっての脅威になると想定して起用をしていました。彼は肉離れをして開幕直前の復帰だったという背景もあったので、彼自身もストレスを抱えずにサブとしていい働きをしてくれたと思います。

    ――山下選手にさらに求めたいところ。
    クロスやシュートの精度を上げていけば、数字として結果に繋がると思います。あとは、中盤の組み立てへの参加のところでもう少しスムーズにいければいいのではないかという風に見ています。

    ――今ここまでのチームの好調を支えている要因は?
    支える要因としては、やっぱり層の厚さ、それによって起きるポジション争いの厳しさがいい緊張感になって出た選手は結果を出し続けないとポジションをとられるので、いい循環になっているのではないかと思う。結果を喜ぶよりも、ここから先にどんなに厳しいことが待ち受けているのかなという緊張感のほうが強いです。あくまでも42試合中の8試合でしかないので、長いシーズンをどう乗り切っていくのか、当然来る調子の悪い時期をどう最小限に留めるか、どう乗り切りかということのために今何をしていくかを常に考えています。

    ――今の状況がプレッシャーになることはある?
    どちらかというと、いつかは負けると思っているので。だからといって次の試合は負けていいとは思っていないですし、あまり連勝や無敗は意識せずに、目の前の試合を常に全力で勝ちに行くということは以前から変わっていないです。逆に勝ち続けていることによって選手たちの油断は出ていないか、練習にゆるみが出ていないかという部分は少し気を付けています。

    ――今この状況の中で、選手たちへ掛ける声で一番気を付けていることは?
    これだけ勝ち続けるということは相当な労力を払ってきたし、相当難しいことではありました。ただ落ちるのは簡単で、少しでも気を緩めたら簡単に負ける。負けるのも落ちていくのも簡単なので。そうならないようにするために過去の連勝を喜ぶよりも目の前の試合を全力でやり切っていくかが大事だと思っています。

    山下 諒也

    Ryoya YAMASHITA48FW

    ――今季ここまでの自身のパフォーマンスを振り返ってください。
    1ゴール、1アシスト、1PK獲得という結果で、まだまだ物足りないことと、チームの勝利に貢献できていない感覚があるので、もっともっとという感じですね。もちろんチームが勝つことが一番ですが、もっと自分の力で影響を与えられると思うので、まだまだだと思っています。

    ――前節は初のスタメン出場でした。
    スタメンと途中交代で出ることは、プレーの役割も変わってくるので、まずは90分しっかり攻守に渡って関わり続けるということを意識して試合に入りました。

    ――ほぼ2アシストという結果を出しましたがアピールをできた感覚は?
    感覚的にはもう少しできてたというところが多くあって、次の試合に発揮できるかなという感覚はあって今はわくわくしています。

    ――それはどういった部分?
    自分の特徴を分かってくれていて、ボールを集めてくれるので、ある程度1対1を仕掛けられる状況が多い中で、もっと相手の最終ラインを自分の力で突破できるなというのがあるので、チャンスメイクの回数を増やせるかなと思っています。

    ――途中交代が続いている時の、自身の心境は?
    1人のサッカー選手としてスタートから90分間活躍し続けるというのは一つの目標ですが、そこは監督が決めることなので、自分は与えられた時間の中でチームを勝利に導くということだけ。どんな状況でも腐らずに心身ともにいい準備をできていたかなという感覚はあります。

    ――スタメンにどんな準備が必要だと思っていた?
    90分間活躍をし続けるために、ウイングバックでの出場が多いので、走るという部分でダッシュする回数を続けるとか、やり続けられるというところを練習量を意識してやっています。

    ――監督から求められているプレーは?
    背後への動き出し、サイドで仕掛けてクロスは自分の特徴なので、上手く試合で発揮してほしいといわれています。

    ――ジェフユナイテッド千葉の印象は?
    最終ライン5枚で守って堅いイメージで、ヴェルディ時代から固い印象があるので、いつも通り難しい試合になると思う。

    ――マッチアップはおそらく秋山陽介選手か末吉塁選手と予想されますが彼らの印象は?
    秋山選手は左利きで仕掛けてくる印象で、末吉選手は小柄で足の速い印象があるのですが、だからといって自分は変わることはなく常に自分に自信をもってプレーをしたいと思います。

    ――どちらが高い位置を取れるかがポイントになる?
    サイドで自分が主導権を握ることによって自分たちの時間が多くなるので持ち味を出していきたいです。

    ――フクダ電子アリーナの雰囲気を含めて印象は?
    アウェイの千葉のスタジアムは、アウェイ感が強くなる。それは自分たちからしたら燃えることなので、勝利を届けて試合後にみんなで喜びたい。

    ――横浜FCのファン・サポーターの印象は?
    いつも力強い後押しをしてくれてボールを持ったら期待感を感じさせてくれるので、のびのびとサッカーをさせてくれて、この環境に幸せを感じています。

    ――素足でゴールはどんな反響だった?
    色んな方から連絡をいただいてお世話になったコーチたちからも連絡があって、そういった人たちに結果を出して見てもらえるのは自分にとって喜びだと改めて感じました。