横浜FC

  • EVENT
  • RESULT
  • REPORT
横浜FC

2022明治安田生命J2リーグ 第7節
VS. モンテディオ山形

03.30 Wed

19:00 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

モンテディオ山形


※アルコール飲料(ノンアルコール飲料を含む)のご提供あり。
※場内へのアルコール飲料(ノンアルコール飲料を含む)の持ち込み可能。
※瓶・缶のスタジアムへの持ち込みは禁止です。場内に瓶・缶の移し替えは場所はございませんので、各入場ゲートでの移し替えをお願いします。
※再入場可能。再入場可能時間は17:00(予定)〜ハーフタイム終了までとなります。
※横浜FCでは、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に沿って感染を最大限防ぎながら試合を開催しています。

スタジアムでの新しい観戦スタイルを厳守いただきますよう、よろしくお願いいたします。

※キックオフ1時間前~キックオフの時間帯は、メインスタンド・ホームゴール裏各入場ゲートの混雑が予想されます。
スタジアムご入場前には、チケットの引き換えが必要な場合や、ご入場時には、皆様に検温・消毒の実施にご協力いただいておりますため、多少のお時間がかかります。
ぜひお早めにご来場いただき、スタジアムでのイベントやグルメをお楽しみください。

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL
  • #ピックアップ
  • #ピッチ
  • ふわふわ遊具ゾーン

    15:00~キックオフ

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • れおっくん来場!

    くわしくみる

  • フリ丸&れおっくん写真撮影会!

    16:00~16:20

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • 2022F!カードを集めよう!

    16:00~試合終了まで

    @場外ホームゴール裏「サポーターズブース」

    くわしくみる

  • キックターゲット

    16:00~キックオフ

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • 横浜市 みんなのケータイリサイクル!

    16:00~キックオフ

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • 渡邉将基氏 来場!

    くわしくみる

  • 育成サポート基金「フェニックスクラブ」入会者募集!

    16:30~後半キックオフまで

    @ホームゴール裏コンコース14番ゲート前

    くわしくみる

  • 三ツ沢横丁登場!

    16:30~後半キックオフ頃

    @バックスタンドコンコース8番ゲート前

    くわしくみる

  • らくがきコーナー

    16:30~試合終了後

    @バックスタンドコンコース12番ゲート付近

    くわしくみる

  • PLAYER’S VOICE

    選手到着後~

    @大型ビジョン

    くわしくみる

  • 選手勝負曲を楽しもう!

    選手到着後~

    くわしくみる

  • 三田ちゃんの新グッズ紹介

    17:45~17:50

    @メインスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • ウッチーのHAMABLUE TALK

    18:10頃~

    @メインスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • フェアプレー宣言

    18:15~18:20

    @メインスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • クラブメンバー限定ハーフタイム抽選会

    ハーフタイム

    @■当選発表:大型ビジョン

    ■賞品受取:サポーターズブース

    くわしくみる

  • LEADS TO THE OCEANプロジェクト

    試合終了後~30分間

    @場外総合案内所

    くわしくみる

  • くだサイン

    試合終了翌日以降

    @公式Twitter

    くわしくみる

  • 年間MVP投票

    試合終了後~30分間

    @メインスタンド入場ゲート付近・ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる


TIMETABLE タイムテーブル

  • 16:00~

    場外ブースOPEN

  • 16:00~16:20

    フリ丸&れおっくん写真撮影会

  • 16:30

    先行入場

  • 16:30~

    場内ブース・場内キッチンカーOPEN

  • 17:00

    一般入場

  • 17:00~17:30

    渡邉将基氏 サイン会

  • 17:10頃

    PLAYER’S VOICE・選手勝負曲を楽しもう!

  • 17:45~

    三田ちゃんの新グッズ紹介

  • 17:50~

    渡邉将基氏 引退ご挨拶

  • 18:10頃

    ウッチーのHAMABLUE TALK

  • 18:15~

    フェアプレー宣言

  • 18:20~

    選手ウォーミングアップ

  • 18:50頃~

    スターティングメンバ―発表

  • 19:03

    キックオフ

  • ハーフタイム

    マスコットピッチ周回

  • 試合終了後~30分間

    LEADS TO THE OCEANプロジェクト

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS 場内16:30~/場外16:00~

【グッズ】メインスタンドコンコース2番ゲート付近
【グッズ】ホームゴール裏コンコース16番ゲート付近
【ガチャガチャ】メインスタンドコンコース2番ゲート付近
【ガチャガチャ】場外ホームゴール裏入場口付近
【アウェイグッズ】バックスタンドコンコース10番ゲート付近

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 3,900 3,900 4,400
②メイン中央指定席 大人 2,970 3,500 4,000
小中高 2,000 2,000 2,000
③メインホーム前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
④メインホーム後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑤メイン前段指定席 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑥メイン後段指定席 大人 2,210 2,600 3,100
小中高 1,500 1,500 1,500
⑦HAMABLUEシート 大人 2,550 3,000 3,500
小中高 1,500 1,500 1,500
⑧バックホーム前段指定席 大人 2,290 2,700 3,200
小中高 1,300 1,300 1,300
⑨バックホーム中央指定席 大人 2,120 2,500 3,000
小中高 1,300 1,300 1,300
⑩バックホームエンド 大人 1,950 2,300 2,800
小中高 1,100 1,100 1,100
⑪ホームゴール裏 大人 1,780 2,100 2,600
小中高 500 500 500
⑫アウェイゴール裏 大人 - 2,100 2,600
小中高 - 500 500

※キックオフ1時間前~キックオフの時間帯は、メインスタンド・ホームゴール裏各入場ゲートの混雑が予想されます。
スタジアムご入場前には、チケットの引き換えが必要な場合や、ご入場時には、皆様に検温・消毒の実施にご協力いただいておりますため、多少のお時間がかかります。
ぜひお早めにご来場いただき、スタジアムでのイベントやグルメをお楽しみください。

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

観戦ルール・マナー

 

横浜FCでは、試合にご来場された皆様に「楽しく・安全に」ご観戦いただく為、独自に観戦ルールとマナーを設定させていただいております。
場内、またその周辺で以下の行為、持込みを禁止いたします。

皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

持込み禁止
ビン、缶、発煙筒等の持込み
601mlを超えるペットボトルの持込み。
※各入場ゲート付近移し替え場所にて中身を紙コップに移し替えてください。

応援時の禁止事項
・周りのお客様の迷惑となるような応援、観戦
・傘を差しての応援、観戦
・紙吹雪、紙テープの持込み及び使用
・拡声器の不正使用
・ピッチ等へ向けての第三者への中傷、罵声
・ピッチ等の立入禁止区域への不正侵入
・周りのお客様のご迷惑となるような鳴り物や、レーザーポインター等の持ち込み及び使用
・メインスタンド・バックスタンドでの太鼓等鳴り物の使用・大旗の持込み
・椅子の上に立っての観戦・応援
・自身のチケットに明記されている座席意外での観戦。
・故意的・過度な座席の確保
※主催者もしくは管理者が過剰な場所・席取りと判断した場合、座席に置いてある敷物等を撤去または縮小します
・承認を受けていないポスター・ビラ等の配布、掲示および募金、署名、調査活動、物品販売
・「誹謗中傷」、「広告宣伝」、「第3者へのメッセージ」等の内容の横断幕掲出
・差別的、侮辱的もしくは公序良俗に反する発言や行為
・中指を立てる等、それと類似の行為
・指定した場所以外への横断幕の掲出(取付けの際は、係員の指示に従って頂きます)
・メインホーム前段・後段指定席、ホームゴール裏、バックホームエンド、バックホーム前段、HAMABLUEシート、バックホーム中央指定席でのアウェイチームの応援、またはそれに相当する行為
・アウェイゴール裏での横浜FCへの応援、またはそれに相当する行為
・横断幕等掲出の際、養生テープ以外の粘着テープの使用
・決められたエリア以外での自クラブ応援グッズの使用・着用・持込み
・(メインスタンド、バックスタンド)タオルマフラーやユニフォーム等の応援グッズを手すりにかける行為
・(全ての座席)最前列の手すり部分に飲食物等を置く行為
・本注意事項を厳守いただけない場合や警備員の指示に従っていただけない場合、スタジアム内からご退場をお願いする場合がございます

スタジアム内で撮影される映像に関して
スタジアム内(コンコースを含む)で試合中継等での使用を目的として撮影された映像(対象として来場者個人の肖像や横断幕、フラッグ、チャント等の製作物等を含む)の全てまたはその一部(静止画を含む)は、試合中継等での使用以外に以下の用途で使用される場合がありますので、予めご了承ください。
・スタジアム内大型映像装置および場内に設置された各種モニターでの使用
・Jリーグおよびクラブ公式メディアでの使用
・ニュース番組・関連メディア等での使用
・JリーグまたはJリーグに指定された者(パートナー企業を含む)が製作する映像作品等の製作物および各種販売物等での使用
・社内資料、報告書のための使用。

その他禁止事項
・行為者が特定できないよう、覆面等で顔を隠すこと
・チケット・通行証等の提示を求められた時に提示を拒否すること
・クラブが定めた時間外での入場待機の為のシート貼り
・クラブ指定の臨時喫煙場所以外での喫煙、歩きながらの喫煙、タバコの投げ捨て
・受動喫煙防止の為、入場待機列及びチケット販売所・チケット等の引換ブース周辺での喫煙
・ごみを分別せず、指定場所以外への廃棄
・場内の秩序を乱す行為及び、他の観客への迷惑行為
・危険を及ぼす等の恐れがあるとクラブスタッフ・警備従事員が認める行為
・アルコール、薬物その他物質により酩酊した状態で施設に入場。または施設においてこれらの物質により酩酊すること。
・その他、クラブスタッフ、警備従事員の指示に従わないこと
・入場待機列及びその周辺での鳴り物や拡声器を使用した集会や集団での応援

横断幕掲出ルール

ニッパツ三ツ沢球技場で開催される横浜FCホームゲームにおける、横断幕掲出ルールおよび緩衝エリア

メインスタンド

※横浜FCのみ掲出可能となります。

ホームゴール裏

横浜FCのみ掲出可能となります。

バックスタンド

ホームゴール裏〜緩衝エリアまでは横浜FCのみ掲出可能となります。

アウェイゴール裏

緩衝エリア〜アウェイゴール裏はアウェイチームのみ掲出可能となります。

注意事項

・掲出可能エリア内でも、球技場の案内看板・スポンサー看板・エントランス番号などを隠す掲出は禁止です。
・横断幕を座席・緩衝エリア・手すりへの掲出はできません。
・運営上支障が出る場合は掲出場所を移動して頂きます。
・緩衝エリアは試合によって変更する場合がございます。
・バナー掲出の際、バナーがまくれないように重石などを各自でご用意ください。

ご不明な点はスタッフまでお問い合わせください。

試合管理規定

第1条(規程の対象)
株式会社横浜フリエスポーツクラブ(以下、「横浜FC」)により制定される「(横浜FC)サッカー試合運営管理規程」(以下、「本規程」)の目的は、リーグ戦、リーグカップ戦、およびJ1・J2入れ替え戦等当クラブが主管する全ての試合で円滑で安全な運営を確保し、且つ、サッカー観戦者、選手、審判、チームスタッフおよび関係者の安全を確保することにある。本規程を、(横浜FC)の管理下にあるスタジアムその他の施設に入場し、または入場しようとする全ての者は遵守しなければならない。

第2条(定義)
次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

・試合
リーグ戦、リーグカップ戦およびJ1・J2入れ替え戦等試合実施要項の全ての試合をいう。
・施設
試合運営のために(横浜FC)が管理するスタジアム等の施設及び区域一切をいう。
・運営・安全責任者
Jクラブ実行委員または実行員代理をいう。
・運営担当・セキュリティ担当
運営・安全責任者の任命を受け、大会の安全確保のため業務に従事する者いう。
・警備従事員
大会の安全確保のため、運営・安全責任者が任命した者。

第3条(運営担当・セキュリティ担当)
警備従業員には、運営・安全責任者がクラブスタッフの中から任命し、安全確保業務に従事する運営担当およびセキュリティ担当が含まれる。

第4条(持ち込み禁止物)
運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、Jリーグ統一禁止事項の持ち込み禁止物および次の各号に掲げる物を施設に持ち込むことはできない。

・施設管理者より持ち込み禁止されている物(ビン、缶、発煙灯、紙吹雪等)
・以下に該当すると主催者もしくは主管者が判断した掲示板、立て看板、横断幕、のぼり、旗、プラカード、ゼッケン、文書、図面、印刷物等
• 政治的、思想的、宗教的主義、主張または観念を表示し、または連想させるもの
• 差別的、侮辱的な内容、表現を含むもの
• 選手やチームを応援または鼓舞する目的が認められないもの
• 大会の運営に支障を及ぼすおそれがあるもの
・特定の会社または営利企業の宣伝を目的として、特定の会社名、製品名等を 表示した物(特定の会社、製品等を連想させる物を含む。)
・その他試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼす等のおそれがあると警備従事員が認める物

第5条(禁止行為)
運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、いかなる施設においてもJリーグ統一禁止行為および次の各号に掲げる行為をしてはならない。
・正当なチケットまたは通行証を所持せず入場すること。
・アルコール、薬物その他物質により酩酊した状態で施設に入場し、または施設においてこれらにより酩酊すること。
・承認を受けていないポスター・ビラ等の配布、掲示及び募金、署名、調査活動、商行為。
・抗議集会、デモなど大会の円滑な運営を阻害するおそれのある行為をすること。
・承認を受けず営利目的で、競技、式典、観客等の写真撮影またはビデオ撮影をすること。
・試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼす等のおそれがあると警備従事員が認める行為をすること。
・人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治または出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為をすること。
・上記各号のほか、公序良俗に反する発言または行為をすること。

第6条(遵守規程)
次の各号に定める事項を遵守しなければならない。
・チケット、通行証等の提示を求められたときは、これを提示すること。
・安全確保のため、手荷物、所持品等の検査に協力すること。
・警備従事員および治安当局の指示、案内、誘導等に従い行動すること。

第7条(販売拒否事由)
主催者は、以下の各号に該当する者に対し、入場券の販売をしない。
また、その者が自らまたは第三者を通じて入場券を取得した場合、主催者はその者に対し、第9条に基づき入場を拒否することができる。
・暴力団またはこれに類する反社会的勢力(以下、「暴力団等」という)に所属する者(以下「暴力団員等」という)
・暴力団員等でなくなった時から5年を経過しない者
・自己または第三者の利益を図る目的等で暴力団等又は暴力団員等を利用している者
・暴力団等又は暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなど、暴力団等の維持、運営に関与をしている者
・暴力団員等と社会的に避難されるべき関係を有している者
・第8条に違反する行為を目的として入場券を取得する者
・その他入場券の販売をしないこととする相当の理由があると主催者が判斷した者

第8条(転売等の禁止)
何人も第三者に対し、主催者の許可を得ることなく、入場券を転売(インターネットオークションを通じての転売を含む)その他の方法で取得させてはならない。ただし、家族、友人、取引先、その他これらに類する特定の関係に基づき、営利を目的とせず、かつ業として行われない場合については、この限りではない。

第9条(入場拒否、退場命令、物の没収)
次の各号に定める事項を遵守しなければならない。
・運営・安全責任者は、第4条、第5条又は第6条に違反した者および第7条の規定に該当する者の入場を拒否し、施設からの退場を命じ、並びに第4条に掲げる物の没収等必要な措置をとることができる。本条の対象となる試合には、公益財団法人日本サッカー協会の主催試合を含む可能性がある。
・主催者または主管者は、前項に該当する者に対し、主催者または主管者が被った損害(当該者の違反行為を理由としてクラブに科された制裁に起因してクラブが被った一切の損害を含む。)の賠償を請求することができる。
・運営・安全責任者は、前項に該当する者の中で特に悪質と認める者に対しては、その後開催される全ての試合についての入場を拒否することができる。また、チケットの返還を求めることができる。
・運営・安全責任者により入場を拒否され、または施設から退場を命じられた者は、チケットの購入代金の払い戻しを求めることはできない。

第10条(権限の委任)
運営・安全責任者は、特定の施設についてその権限を他の者に委任することができる。

待機列ルール

 

・試合当日以外のシート貼りや荷物の設置はおやめください。
試合当日以外に張られたシート等、荷物等は全て撤去します。
・試合開催日前日、またはそれ以前からの泊まり込みは絶対におやめください。
・1枚のシートにつき5名以下とさせていただきます。
※来られない方の人数まで記載することはおやめください。
・シート貼りは1名につき、1枚までとさせていただきます。
・シートにはご本人ならびに内容が確認できるような情報を記載して設置をお願い致します。(試合日/順番/代表者名/人数等)
・入場の際、記載した人数以上の方が並ばないようにお願いいたします。
・公園内の安全上、ペットボトル、竿、石などの障害となりうる物を使用してのシート貼りは禁止とさせていただきます。
※ペットボトル、竿、石などの障害となりうる物を使用している場合は全て撤去します。
・主催者、公園関係者の判断のもと、危険となりうる物でのシート張りが確認出来た場合は、撤去させていただく場合があります。
・シート貼り時に使用するテープは布テープまたは養生テープとさせていただきます。(紙性のガムテープなどは使用不可)
・入場の際には必ずご自身で使用されたシート、テープ等は各自でお持ち帰りいただくようにお願いいたします。
・試合当日は、列の整理を行う場合がございます。
※実施の可否に関しましては試合当日警備員、係員の指示に従ってください。
なお、試合当日は来場人数が多い場合や、開場時間が早まることなどがございますので、開場の1時間前を目途に待機列またはご自身がシート貼りをおこなった場所にお戻りください。
・試合当日は、クラブスタッフ、警備員、係員の指示に従ってください。ご協力いただけない場合は入場をお断りする場合がございます。
※シート張りは試合当日の入場をスムーズに行うために予め行われるものであり、試合当日のお席を保証するものではございません。
あくまで各ゲートへ入場する順番のシート貼りとなります。

横浜FC新しい観戦スタイルついて

横浜FCでは、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に沿って感染を最大限防ぎながら試合を開催しています。
ファン・サポーターの皆さまにおかれましては、スタジアムでの新しい観戦スタイルを厳守いただきますよう、よろしくお願いいたします。

新しい試合観戦スタイル厳守事項

■ご来場者全員に求められること

(1)無理な来場は、勇気をもって、見合わせる
• 体調がよくない場合(例:37.5℃以上の発熱、咳、喉の痛み、だるさ、味覚嗅覚の異常などの症状がある場合)
• 陽性診断を受け医療機関等により行動制限を受けている場合(陽性診断前でも検査で陽性判定を受けている場合)
• 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
• 過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航があるなどして公的機関より行動制限の要請を受けている場合
(2)握手、抱擁などは行わないでください
(3)社会的距離を確保してください
(4)入退場時は前後・周辺の方との距離を空けてください
(5)売店、お手洗いなどは、利用が集中するハーフタイムなどの時間帯を避けることや、場外トイレを利用するなど、混雑を避けるための分散利用にご協力ください
(6)飲食売店やグッズ売店ご利用の際は最小限での人数での買い物やお客様同士の間隔確保、購入後の速やかな移動にご協力ください
(7)手洗い、手指消毒をこまめに行ってください。スタジアム内のトイレ及び各ゲートには消毒スプレーを設置しておりますので、ご利用ください
(8)マスク着用はスタジアムではもちろんのこと、ご来場時・ご帰宅時を含め周囲の方へのご配慮とともに着用のご協力をお願いします
(9)観戦時は、座席から移動せず、必ず、ご購入した座席にて着席の上ご観戦ください
(10)スタンドやコンコースで会話や食事をされる際は十分な距離を確保ください
周囲に他のお客様がいる場合は飛沫防止にご配慮ください
また一定の場所に集結しての長時間の会話などもお控えください。
(11)Jリーグ再開からこれまでの運営実績と専門家のアドバイスに基づき、万が一スタジアムでの感染が確認されたお客様がいた場合のために、接触確認アプリ/COCOAの利用促進の強化を行っておりますので、接触確認アプリCOCOAをインストールのうえ、利用いただきますようお願いします。
また、感染拡大防止の観点から、座席番号の記録を徹底して頂くようお願いいたします。ご来場いただいた試合の半券、QRチケットデータの保存、スマートフォンなどでの座席番号の撮影もしくはメモを保存するなど、ご自身が座られた位置の把握・保管をお願いします。

■スタジアムの入退場について

(1)スタジアムではマスクを着用ください。ご来場の際には、マスクの持参および着用は必須となります。
※マスクの持参がない場合はスタジアムに入場できませんので、場外の総合案内所にて必ずマスクをお買い求めいただき、ご入場ください。
必ずマスクをご着用のうえ、咳エチケットにも十分配慮ください。
(2)待機列では前後との間隔を確保いただき、会話による飛沫防止にご配慮のうえ、お並びください。また、試合開始直前などは、入場が集中する可能性がありますので、お早目にご来場いただき入場の分散にご協力ください。
(3)各入場ゲートでサーモメータにて検温を行います。37.5度以上の発熱や、37.5度未満でも症状がある場合や平熱よりも高いことが明らかな場合はご入場できません。またその場合、チケット価格の返金対応はできませんので、予めご了承ください。
※感染症患者またはその疑いのある方が発見された場合、必要に応じて保健所等に個人の情報を提供する場合があります。
(4)入場時には手指消毒にご協力ください。各ゲートに消毒スプレーを設置させていただいています。
※その他、消毒液はトイレにも設置しています。
(5)紙チケットの方は、接触を減らすため、入場ゲートでチケットを提示後、ご自身で半券をもぎってください。また、チケットの半券は係員が確認させていただきます。ワンタッチパスやQRチケット保持者の方は、ワンタッチパス端末で認証手続きをお願いします。
(6)お席は、必ず、ご購入した座席にて着席の上ご観戦いただき、観戦中の移動は控えてください。ご購入された座席での観戦をお願いいたします。
(7)試合終了時はゲート付近での混雑が予想されるため、退場のタイミングをずらすなどの分散化にご協力ください。スタジアム外の帰宅導線におきましても混雑緩和のため公共交通機関ご利用時も分散利用にご協力ください。
(8)試合前後でスタジアム近隣店舗や最寄り駅付近の店舗・施設をご利用の際は節度ある行動にご協力よろしくお願いします。

■再入場について

再入場する際は、以下のゲートにて再入場券をお受け取りください。
また、社会的距離にご注意いただき入退場ください。

  • 再入場可能ゲート(3カ所)
    ・メインスタンド入場ゲート
    ・バックスタンド入場ゲート
    ・アウェイゴール裏入場ゲート(出口:5番ゲート付近、入場口:アウェイゴール裏ゲート)
    <利用可能時間>一般入場開始後から後半キックオフまで
  • 注意事項
    ・再入場の際に再入場券を回収させていただきます。
    ・紛失した場合、チケットを再購入していただく場合がございます。大切に保管をお願い致します。

■観戦方法・応援スタイル

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、サポーターの皆さまのご理解とご協力が必要となります。


※スタジアムの外でも、社会的距離(できるだけ2m。最低1m)を確保することはもとより、大声での発声、歌唱や声援、密集等の感染リスクのある行動を回避してください。

■その他のお願い

(1)スタジアム周辺に駐車場のご準備はございません。
公共交通機関をご利用いただくとともに、分散利用にご協力をお願いします。近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので、利用なさらないようお願いします。
(2)クラブスタッフ、係員の指示に従って頂けない場合、ご退場いただく場合がございます。
ご来場いただく皆さまにおかれましては、今一度、Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインを含めた、観戦ルール&マナーについてご確認いただき、観戦ルールの順守をお願い致します。

Jリーグ観戦マナー&ルール
https://www.jleague.jp/aboutj/control/

Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン
https://www.jleague.jp/news/article/17425/

アウェイサポーターの皆さまへ

横浜FCではニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲーム開催に伴い、ご来場される全ての皆さまが気持ち良くご観戦・応援いただけるよう横浜FC独自の観戦ルールを設けさせていただいております。
ご来場いただくアウェイサポーターの皆さまにつきましては下記の観戦ルールをご確認の上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

観戦について

・観戦マナーをご確認いただき、ご来場される全ての皆さまが気持ち良くご観戦いただけるようご理解・ご協力の程お願い申し上げます。
・試合当日は公共交通機関でのご来場をお願い致します。
・アウェイグッズを身に付けてのホームチームエリアコンコース(8番ゲート〜17番ゲート)の移動・ホームチームスタンドでの観戦はできません。
・アウェイチームを応援される方は「アウェイゴール裏」、「メイン前段・後段指定席」、「メイン中央指定席」または「メイン特別指定席」をお買い求めください。
※チケットをお買い求めの際は、お間違いのないようご注意ください。
※「メイン前段・後段指定席」での観戦の方は4番ゲートから、「メイン中央指定席」または「メイン特別指定席」での観戦の方は2番3番ゲートからお入りください。

スタジアムアクセス

ニッパツ三ツ沢球技場へのアクセスは「横浜駅」または横浜市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢上町駅」をご利用ください。
試合会場アクセス(https://www.yokohamafc.com/guide/access-map/

待機列について

横断幕の掲出について

横断幕の掲出は開門後(キックオフ2時間前)からになります。(試合によって開門時間が変更となる場合がございますので、予めご了承ください)
※掲出可能なエリアは「横断幕掲出ルール」をご確認ください。
その他のエリアへの掲出につきましては、係員の指示に従ってください。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――本日の試合の総括をお願いします。
    お互いに強度の高い、いいゲームだったと思います。その中で効果的にゴールを奪えたことで、ゲーム自体は優位に進めましたが、2−0から1点取られたことで終盤は相手の猛攻を受ける展開になりました。その中で非常に選手がハードワークしてよく踏ん張って勝点3をつかむことができました。選手、そして良い雰囲気を作ってくれたファン・サポーターの皆さんに感謝したいと思います。ただ、内容的には意図する部分がしっかり出せたとは思っていません。出せた時間がまだまだ足りない。シーズン通してまだまだ成長していかないといけないと感じています。

    ――和田拓也選手が横浜FCに移籍して初出場となったが、彼に期待したことは?
    3バックの右ということで、彼も公式戦では初めてだったかもしれないけど、彼のプレースタイルを考えたら十分にやれるなと思っていました。相手のハイプレスに対して、サポートしながら組み立てていく中に参加していくこと。それから相手のウイングは非常に力のある選手で、その選手に対峙しても十分に1対1の守備は対等以上にやってくれると期待して送り出しました。最初のゲームでしたが、さすがベテランというだけのプレーをしてくれたと思います。

    ――2ゴールを挙げた小川航基選手の評価は?
    最近、点を取るという部分では乗っているというか、今は『打てば入る』というようなイメージが彼の中にはあるように思います。身体の調子もいいのか、練習が終わったあとよくシュート練習もしているし、非常に心身の調子がいいのかなと思います。今日は少ないチャンスでしたが、1点目はなかなか決まらないような遠目の位置から素晴らしいミドルシュートを決めてくれた。後半に関しては、チームとして前から守備して引っ掛けて奪ったところからのショートカウンターで、(伊藤)翔が自分でも行けたと思うが、自分より確率が高いと判断した航基を使うというチームプレーをしてくれたことが、航基のゴールにつながりました。2ゴールということでストライカーとしての役割を十分に果たしてくれたと思います。

    小川 航基

    KOKI OGAWA18FW

    ――先制点は素晴らしいミドルシュートでしたが?
    僕は結構シュートを売りにしてるところもありますけど、今まではジュビロでも一番前で使われることが多くて、なかなかミドルシュートを打つ機会がありませんでした。このチームではシャドーをやっているので、こういうチャンスも来るだろうなと日々の練習に取り組んでいた。シュートを打ってこないと思ったのか、コースがちょっと甘かったかもしれないけど、思い切って(足を)振れたことがよかったんじゃないかなと思います。

    ――得点を量産できている理由は?
    一番はチームのコンセプトにあると思います。やっぱり守備的なチームじゃないですし、前の選手にはこのサッカーをやっていれば必ずチャンスが多く訪れる。J2でもトップクラスの選手が集まっているので、必ず主導権を握れる戦いが出てくると思うし、前の選手には絶対にチャンスが来るので、そのチャンスを決め切れるかどうかが鍵になります。決定理力に関してはすごく自信があるので、それが要因かなと思います。

    ――現時点で得点王だが?
    まだ始まったばかりで全然分からないですし、僕も一喜一憂するつもりはまったくないです。点を取れてるというのも忘れて、次の試合で点を取って勝つというのが一番大事だと思います。

    ――横浜FCに来て、生き生きとプレーしているように見えますが?
    やっぱり今シーズン、環境を変えてまた新たにという強い覚悟と目標を持ってこのチームに来ました。やれなかったら終わりだという思いでここに来ました。本当に死に物狂いでキャンプからやってきて、それが開幕から継続してゴールを取れて良い流れに乗れていると思います。ただこれが、チームとしても個人としても調子が上がらなくなったときにどういうプレーができるか、どう自分の良さを出せるかが大事だと思う。悪くならないようにするのが一番だけど、上を目指して頑張りたいと思います。

    和田 拓也

    TAKUYA WADA6MF

    ――今日の試合を振り返ってください。
    結果として勝てたことは良かったと思います。内容に関してはだいぶ押し込まれたので、まだまだ個人のところもチームとしても改善しなくてはいけないところがたくさんあると思います。

    ――山形のクラモフスキー監督とは横浜F・マリノスで一緒に仕事をしていましたが?
    1年一緒にやってます。マリノスでやってたサッカーにピーターの良さがまた入ってきているなと思いました。

    ――3バックの右での出場でしたが?
    人生で初めてやったので、なかなか整理しきれていないところはあったけど、守備でやることはどのチームでもどのポジションでも変わらないので、そういう基本的なところを意識してやりました。

    ――初めて出場して、チームの好調の要因はどう感じましたか?
    やっぱり良い時間にしっかり点が取れているというのが勝てている要因だと思います。でも悪い時間もあるし、それをうまく打開する策やエネルギーは足りないので、そこはどうにかしていきたいです。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――天気も良くて、横浜の桜はそろそろ見ごろですかね。
    満開で、この時期に桜が咲くっていうのは懐かしい感覚です。北海道の桜はゴールデンウイークなので。

    ――今シーズン初の中3日での連戦ですが、準備で重きを置いた部分はどこですか?
    それぞれの選手のコンディションの管理ですね。甲府戦に出場した選手は疲労回復の部分、出場がなかった選手に関しては連戦ですけど、明日の試合に向けてコンディションを上げていくということですね。短い時間でしたけど、準備はできたと思っています。

    ――中3日の場合の試合までのトレーニングのサイクルは?
    試合翌日から、リカバリー→リカバリー→前日練習でゲームやセットプレーのメニューといった形です。


    ――連戦でのメンバーの入れ替えについて
    明日楽しみにしてもらえればと思います。ただ、連戦と言っても、中3日なので、選手もそれほど疲労は溜まってない状態かなと。中2日と中3日の違いは大きくて、中3日あればある程度回復できると思っています。正直あまり支障はないと思っています。


    ――モンテディオ山形の印象は?
    山形は攻撃的なチームで、後ろからしっかりパスをつなぎながら攻撃してくるチーム。守備でもアグレッシブにどんどんボールを奪いにくるというところで、攻守において積極的に戦うチーム
    という印象。J1のチームだと横浜F・マリノスに近い形だと感じています。

    ――警戒している選手などはいますか?
    山田康太選手です。彼のチャンスメイク、ラストパスから、ここ最近は藤本選手のゴールが生まれているというところでホットラインなのかなと思っています。注意したいなと思います。


    ――山形のベンチには、札幌時代に共に戦った佐藤尽コーチが在籍していますが?
    単純に会えるのが楽しみです。彼は昨季、監督代行として良い仕事をしたと思いますし、彼は山形の攻撃的なサッカーにおいて、守備の部分のマネジメントでチームを支えているのかなと思っています。

    ――亀川選手のここまでの評価は?
    チームの戦術に慣れるまで少し時間がかかってはいたんですけど、徐々に適応してくれていて、試合にも出場する機会が増えてきています。攻撃、守備両面においてしっかり走れる部分。対人の強さもある。あとは左右前後どこのポジションでもプレーできるユーティリティさが彼のストロングな部分だと評価しています。しっかりチームに貢献してくれていると思います。

    ――亀川選手のチーム内での立ち位置は?
    性格的には、控えめな感じですけど、風貌に反して優しい性格で、みんなのいじられキャラというか癒し系というかそういった存在です。(笑)

    ――攻撃的なサッカースタイルの相手に対して、注意すべきポイントなどありますか?
    お互いに目指すところは同じだと思うので、そこでどちらが主導権を握れるかになってくる。気をつけるというよりは、自分たちが普段やろうとしているスタイルをより速く、強く、激しくプレーすることで主導権を握っていきたい。

    ――開幕からここまでのチームの完成度は?
    それぞれの試合で違う相手だったり、違う内容のゲームをしているので、そういった経験が経験値として積み上げられているのかなとは感じています。

    ――今シーズン初めてのナイトゲーム。注意すべき点などありますか?
    試合に向けた生活のサイクルが昼間の試合と変わってくる部分などがあり、少し心配していましたけど、昨季から在籍するコーチ陣に確認しても、ナイトゲームが苦手といった部分は無いと聞いているのであまり心配しなくていいのかなとは思っています。

    亀川 諒史

    MASASHI KAMEKAWA19DF

    ――ファジアーノ岡山戦からスタメン出場をしていますが、パフォーマンスを振り返っていかがですか。
    評価というのはスタッフや周りの人達がすべきものだと思っているので、自分がどうとかはあまり思わないですが、結果は試合に出たときは間違いなくこだわっていかなくてはいけないと思っています。その中で、岡山戦でスタメンで出て、引き分けで結果がついてこなかったというところでは全く満足はしていないです。

    ――手ごたえよりは結果を重視する?
    自分がスタメンで出るまではチームも4連勝していて、その中で引き分けで終わってしまい、連勝できなかったという部分ではダメだったと思っています。

    ――前節は勝利を収めましたが、振り返ってどうですか。
    前半は比較的自分たちがボールをもってペースを握れていたと思います。その前4試合で入りが悪いということを自分たちで話していた中で、2点先制できたところまでは、少し改善できたという部分でよかったと思いますが、後半ヴァンフォーレ甲府がギアを上げてくると分かっている中で、「もう1度行こう」と入ったけれど、ほとんどの時間押し込まれたというところでは、何とか勝てましたが、内容としては追いつかれてもおかしくなかったと思っているので、全然満足していないです。

    ――前節は亀川選手がヘディングで跳ね返したところからの先制点でした。
    守備の選手としては、チームのやり方がああいうやり方なので、当たり前のことをやっただけだと思っています。自分がどうっていうのはまったくないというのが本音ですね。

    ――後半押し込まれたっていうところは印象が大きい?
    観ている人たちもそう思っていると思いますし、やっている自分たちも、何とか守り切った後半45分でした。点を取れるチャンスもあったので、それをしっかり決めきれれば、甲府がギアを上げてきた中でも、それを落とせる部分もあったと思います。これからもそうだと思いますが、前半自分たちがいいペースでも、後半に負けているチームは勝ちに行くリスクを冒してくると思うので、メンタルの部分も大きくなってくると思います。でも、苦しい試合であっても勝点3を取って終われるというのは、今季自分たちがJ1を目指す上で間違いなく大事なことだと思います。苦しい試合であっても勝ち切る力、あの試合を勝点1にしてしまうと、次の週に向かう気持ちの部分も苦しくなりますし、最終的な結果も苦しくなってくると思うので、ああいう試合でも勝点3を取って修正できるっていうのは一番ポジティブな部分だと思います。

    ――右のセンターバックでの起用でしたが、監督から言われていることは?
    キャンプから色んなポジション、左右、ウイングなどをやっているんですけど、あとは守備のところをまず一つしっかりやらないといけないと思っています。僕自身も1対1の部分だったり、粘り強さというのは自信をもってやってきた部分ではあるので、そこでは後手を踏んではいけないと思っています。今のチームのやり方で1対1で負けてしまうと周りが数的不利になってしまうので、特に後ろに入ったときは常々意識しているところではあります。

    ――モンテディオ山形の印象は?
    昨季も長崎に所属しているときに戦いましたが、しっかり後ろからボールを大事にして前への推進力を出しながら、攻撃的に相手を見て対応してくるチームだと思っています。

    ――山田康太選手か加藤大樹選手とマッチアップが予想されます。
    後ろの選手がマッチアップで剥がされると間違いなくゴールに直結してしまうので、そこは絶対に負けてはいけないと思っています。あとは、今季ほとんどの試合で失点してしまっているので、後ろの選手としてはゼロで抑えたいです。マッチアップする相手に対しては絶対に負けてはいけないと思っているので強い意識を持ってやっていきたいです。

    ――加藤選手は非常にスピードのある選手ですが、こちらがボールを持った時のプレスへの対策などはありますか。
    プレスが速かろうが遅かろうが、ボールをしっかり動かせば、間違いなくボールの方が速く動くし、ボールより人が速く動けることはないので、そこをしっかりとチーム全体でいい立ち位置を取って剥がしていければ、相手に関係なく自分たちが多くのチャンスを作れると思います。

    ――攻撃的なチームに対して気を付けるところは?
    相手が色々なやり方をしてくる中で、自分たちがマンツーマンで行くというところに対して、相手は流動的にポジションを変えてくると思います。そこを全部が全部ハイプレスにしてしまうと、かいくぐられてしまうと思うので、引くところとハイプレスの使い分けっていうところを、ピッチに立つ選手で意思疎通をしながらやっていかなければいけない。そこがバラバラですべて1対1になってしまうとすべて勝てる保証はないので、「マンツーマンで絶対に負けない」という前提はありながらも、チームで組織として守っていくのが相手を見て立ち位置を動かしてくる相手に対しては大事になってくると思います。

    ――移籍してきて新たな監督のもとでの自分の適応度は?
    自分を自分で評価したことが全くないので、周りの評価がすべてだと思っています。その中で、適応できなければ試合には出られないと考えているので、そこはしっかりと監督が目指すサッカーをに対して、最初は初めてのやり方もあり慣れるまで時間がかかった部分もありましたが、今はプレーを重ねるにつれてやりたいことを分かってきた部分もあるので、そこは周りの人たちの評価を聞いてもらえればなと思います。

    ――チームがJ1昇格を目指している中で、目標に対する想いは?
    全員がその気持ちをもって今季集まったと思います。サッカー選手をやっている以上は一番上のJ1でやりたいというのは持っていて当たり前のことだと思うので、チーム全員そう思っているだろうし、自分自身ももう一度J1の舞台でやりたいですし、その志を持ったメンバーがこのチームには集まったと思っている。ファン・サポーターも結果を見ていると思っているので、結果にこだわってやっていきたいと思っています。