横浜FC

  • EVENT
  • RESULT
  • REPORT
横浜FC

2022明治安田生命J2リーグ 第1節
VS. 大宮アルディージャ

02.19 Sat

14:00 KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

大宮アルディージャ


※アルコール飲料(ノンアルコール飲料を含む)のご提供あり。
※場内へのアルコール飲料(ノンアルコール飲料を含む)の持ち込み可能。
※瓶・缶のスタジアムへの持ち込みは禁止です。場内に瓶・缶の移し替えは場所はございませんので、各入場ゲートでの移し替えをお願いします。
※再入場可能。再入場可能時間は12:00(予定)〜ハーフタイム終了までとなります。
※横浜FCでは、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に沿って感染を最大限防ぎながら試合を開催しています。

スタジアムでの新しい観戦スタイルを厳守いただきますよう、よろしくお願いいたします。

HOME GAME EVENT イベント情報

  • #ALL
  • #ピックアップ
  • #ピッチ
  • デジタルマッチデープログラム公開中!

    -

    @-

    くわしくみる

  • ふわふわ遊具ゾーン

    11:00~キックオフ

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • フリ丸だるまキーホルダー販売ブース

    11:00~キックオフ

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • フリ丸15分店長実施!

    11:00~11:15

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • キックターゲット

    11:00~キックオフ

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • 三ツ沢横丁登場!

    11:30~後半キックオフ頃

    @バックスタンドコンコース8番ゲート前

    くわしくみる

  • フリ丸写真撮影会!

    12:10~12:30

    @ホームゴール裏ピッチ横タータン部分

    くわしくみる

  • れおっくん来場!

    くわしくみる

  • 2022ユニフォーム展示ブース

    11:00~キックオフ

    @場外ホームゴール裏入場ゲート付近

    くわしくみる

  • らくがきコーナー

    11:30~試合終了後

    @バックスタンドコンコース12番ゲート付近

    くわしくみる

  • フュディアルクリエーションブース

    11:30~試合終了後

    @ホームゴール裏コンコース14番ゲート前

    くわしくみる

  • 横浜FCサッカースクール前座試合

    12:00~12:30

    @ピッチ中央

    くわしくみる

  • 選手勝負曲を楽しもう!

    選手到着後~

    くわしくみる

  • PLAYER’S VOICE

    選手到着後~

    @大型ビジョン

    くわしくみる

  • 三田ちゃんの新グッズ紹介

    12:35~12:40

    @メインスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • 横浜FCサッカースクール卒業式

    12:40~12:45

    @メインスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • F!リーダーズパフォーマンス

    12:45~12:50

    @メインスタンド側ピッチ横/ホームゴール裏側ピッチ横/バックスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • ウッチーのHAMABLUE TALK

    13:10頃~

    @メインスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • フェアプレー宣言

    13:15~13:20

    @メインスタンド側ピッチ横

    くわしくみる

  • くわしくみる


TIMETABLE タイムテーブル

  • 11:00~

    場外ブースOPEN

  • 11:30

    先行入場/場内ブース・キッチンカーOPEN

  • 12:00

    一般入場

  • 12:00~

    横浜FCサッカースクール前座試合

  • 12:10頃

    PLAYER’S VOICE/選手勝負曲を楽しもう!

  • 12:10~12:30

    フリ丸写真撮影会

  • 12:35~

    三田ちゃんの新グッズ紹介

  • 12:40~

    横浜FCサッカースクール卒業式

  • 12:45~

    F!リーダーズパフォーマンス

  • 13:10頃

    ウッチーのHAMABLUE TALK

  • 13:15~

    フェアプレー宣言

  • 13:20~

    選手ウォーミングアップ

  • 13:50頃~

    スターティングメンバ―発表

  • 14:03

    キックオフ

  • ハーフタイム

    フリ丸ピッチ周回

  • 試合終了後~30分間

    LEADS TO THE OCEANプロジェクト

グッズはスタジアムでも販売! STADIUM GOODS 場内11:30~/場外11:00~

【グッズ】メインスタンドコンコース2番ゲート付近
【グッズ】ホームゴール裏コンコース16番ゲート付近 ※雨天時はバックスタンド10・12番ゲートに移動
【ガチャガチャ】メインスタンドコンコース2番ゲート付近
【ガチャガチャ】場外ホームゴール裏入場口付近

GOURMET グルメ情報

TICKET チケット情報

★★★の価格表 ※価格表は上のタブで切替
クラブ
メンバー
一般発売 当日券
①メイン特別指定席 - 7,000 7,000 7,500
②メイン中央指定席 大人 4,670 5,500 6,000
小中高 3,700 3,700 3,700
③メインホーム前段指定席 大人 4,250 5,000 5,500
小中高 3,000 3,000 3,000
④メインホーム後段指定席 大人 4,080 4,800 5,300
小中高 2,800 2,800 2,800
⑤メイン前段指定席 大人 4,250 5,000 5,500
小中高 3,000 3,000 3,000
⑥メイン後段指定席 大人 4,080 4,800 5,300
小中高 2,800 2,800 2,800
⑦HAMABLUEシート 大人 4,250 5,000 5,500
小中高 3,000 3,000 3,000
⑧バックホーム前段指定席 大人 3,990 4,700 5,200
小中高 2,400 2,400 2,400
⑨バックホーム中央指定席 大人 3,820 4,500 5,000
小中高 2,400 2,400 2,400
⑩バックホームエンド 大人 3,400 4,000 4,500
小中高 2,200 2,200 2,200
⑪ホームゴール裏 大人 2,720 3,200 3,700
小中高 1,200 1,200 1,200
⑫アウェイゴール裏 大人 - 3,200 3,700
小中高 - 1,200 1,200

STADIUM ACCESS アクセス情報

map

ニッパツ三ツ沢球技場

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

①JR「横浜」駅西口より市営バスまたは相鉄バス(6~11番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」もしくは「市民病院」下車徒歩2分
②横浜市営地下鉄ブルーライン「三ッ沢上町」駅より徒歩15分
※試合当日のご来場は、電車・バス等公共交通機関をご利用ください。
※近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので利用なさらないようお願い申し上げます。

観戦ルール・マナー

 

横浜FCでは、試合にご来場された皆様に「楽しく・安全に」ご観戦いただく為、独自に観戦ルールとマナーを設定させていただいております。
場内、またその周辺で以下の行為、持込みを禁止いたします。

皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

持込み禁止
ビン、缶、発煙筒等の持込み
601mlを超えるペットボトルの持込み。
※各入場ゲート付近移し替え場所にて中身を紙コップに移し替えてください。

応援時の禁止事項
・周りのお客様の迷惑となるような応援、観戦
・傘を差しての応援、観戦
・紙吹雪、紙テープの持込み及び使用
・拡声器の不正使用
・ピッチ等へ向けての第三者への中傷、罵声
・ピッチ等の立入禁止区域への不正侵入
・周りのお客様のご迷惑となるような鳴り物や、レーザーポインター等の持ち込み及び使用
・メインスタンド・バックスタンドでの太鼓等鳴り物の使用・大旗の持込み
・椅子の上に立っての観戦・応援
・自身のチケットに明記されている座席意外での観戦。
・故意的・過度な座席の確保
※主催者もしくは管理者が過剰な場所・席取りと判断した場合、座席に置いてある敷物等を撤去または縮小します
・承認を受けていないポスター・ビラ等の配布、掲示および募金、署名、調査活動、物品販売
・「誹謗中傷」、「広告宣伝」、「第3者へのメッセージ」等の内容の横断幕掲出
・差別的、侮辱的もしくは公序良俗に反する発言や行為
・中指を立てる等、それと類似の行為
・指定した場所以外への横断幕の掲出(取付けの際は、係員の指示に従って頂きます)
・メインホーム前段・後段指定席、ホームゴール裏、バックホームエンド、バックホーム前段、HAMABLUEシート、バックホーム中央指定席でのアウェイチームの応援、またはそれに相当する行為
・アウェイゴール裏での横浜FCへの応援、またはそれに相当する行為
・横断幕等掲出の際、養生テープ以外の粘着テープの使用
・決められたエリア以外での自クラブ応援グッズの使用・着用・持込み
・本注意事項を厳守いただけない場合や警備員の指示に従っていただけない場合、スタジアム内からご退場をお願いする場合がございます

スタジアム内で撮影される映像に関して
スタジアム内(コンコースを含む)で試合中継等での使用を目的として撮影された映像(対象として来場者個人の肖像や横断幕、フラッグ、チャント等の製作物等を含む)の全てまたはその一部(静止画を含む)は、試合中継等での使用以外に以下の用途で使用される場合がありますので、予めご了承ください。
・スタジアム内大型映像装置および場内に設置された各種モニターでの使用
・Jリーグおよびクラブ公式メディアでの使用
・ニュース番組・関連メディア等での使用
・JリーグまたはJリーグに指定された者(パートナー企業を含む)が製作する映像作品等の製作物および各種販売物等での使用
・社内資料、報告書のための使用。

その他禁止事項
・行為者が特定できないよう、覆面等で顔を隠すこと
・チケット・通行証等の提示を求められた時に提示を拒否すること
・クラブが定めた時間外での入場待機の為のシート貼り
・クラブ指定の臨時喫煙場所以外での喫煙、歩きながらの喫煙、タバコの投げ捨て
・受動喫煙防止の為、入場待機列及びチケット販売所・チケット等の引換ブース周辺での喫煙
・ごみを分別せず、指定場所以外への廃棄
・場内の秩序を乱す行為及び、他の観客への迷惑行為
・危険を及ぼす等の恐れがあるとクラブスタッフ・警備従事員が認める行為
・アルコール、薬物その他物質により酩酊した状態で施設に入場。または施設においてこれらの物質により酩酊すること。
・その他、クラブスタッフ、警備従事員の指示に従わないこと
・入場待機列及びその周辺での鳴り物や拡声器を使用した集会や集団での応援

横断幕掲出ルール

ニッパツ三ツ沢球技場で開催される横浜FCホームゲームにおける、横断幕掲出ルールおよび緩衝エリア

メインスタンド

※横浜FCのみ掲出可能となります。

ホームゴール裏

横浜FCのみ掲出可能となります。

バックスタンド

ホームゴール裏〜緩衝エリアまでは横浜FCのみ掲出可能となります。

アウェイゴール裏

緩衝エリア〜アウェイゴール裏はアウェイチームのみ掲出可能となります。

注意事項

・掲出可能エリア内でも、球技場の案内看板・スポンサー看板・エントランス番号などを隠す掲出は禁止です。
・横断幕を座席・緩衝エリア・手すりへの掲出はできません。
・運営上支障が出る場合は掲出場所を移動して頂きます。
・緩衝エリアは試合によって変更する場合がございます。
・バナー掲出の際、バナーがまくれないように重石などを各自でご用意ください。

ご不明な点はスタッフまでお問い合わせください。

試合管理規定

第1条(規程の対象)
株式会社横浜フリエスポーツクラブ(以下、「横浜FC」)により制定される「(横浜FC)サッカー試合運営管理規程」(以下、「本規程」)の目的は、リーグ戦、リーグカップ戦、およびJ1・J2入れ替え戦等当クラブが主管する全ての試合で円滑で安全な運営を確保し、且つ、サッカー観戦者、選手、審判、チームスタッフおよび関係者の安全を確保することにある。本規程を、(横浜FC)の管理下にあるスタジアムその他の施設に入場し、または入場しようとする全ての者は遵守しなければならない。

第2条(定義)
次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

・試合
リーグ戦、リーグカップ戦およびJ1・J2入れ替え戦等試合実施要項の全ての試合をいう。
・施設
試合運営のために(横浜FC)が管理するスタジアム等の施設及び区域一切をいう。
・運営・安全責任者
Jクラブ実行委員または実行員代理をいう。
・運営担当・セキュリティ担当
運営・安全責任者の任命を受け、大会の安全確保のため業務に従事する者いう。
・警備従事員
大会の安全確保のため、運営・安全責任者が任命した者。

第3条(運営担当・セキュリティ担当)
警備従業員には、運営・安全責任者がクラブスタッフの中から任命し、安全確保業務に従事する運営担当およびセキュリティ担当が含まれる。

第4条(持ち込み禁止物)
運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、Jリーグ統一禁止事項の持ち込み禁止物および次の各号に掲げる物を施設に持ち込むことはできない。

・施設管理者より持ち込み禁止されている物(ビン、缶、発煙灯、紙吹雪等)
・以下に該当すると主催者もしくは主管者が判断した掲示板、立て看板、横断幕、のぼり、旗、プラカード、ゼッケン、文書、図面、印刷物等
• 政治的、思想的、宗教的主義、主張または観念を表示し、または連想させるもの
• 差別的、侮辱的な内容、表現を含むもの
• 選手やチームを応援または鼓舞する目的が認められないもの
• 大会の運営に支障を及ぼすおそれがあるもの
・特定の会社または営利企業の宣伝を目的として、特定の会社名、製品名等を 表示した物(特定の会社、製品等を連想させる物を含む。)
・その他試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼす等のおそれがあると警備従事員が認める物

第5条(禁止行為)
運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、いかなる施設においてもJリーグ統一禁止行為および次の各号に掲げる行為をしてはならない。
・正当なチケットまたは通行証を所持せず入場すること。
・アルコール、薬物その他物質により酩酊した状態で施設に入場し、または施設においてこれらにより酩酊すること。
・承認を受けていないポスター・ビラ等の配布、掲示及び募金、署名、調査活動、商行為。
・抗議集会、デモなど大会の円滑な運営を阻害するおそれのある行為をすること。
・承認を受けず営利目的で、競技、式典、観客等の写真撮影またはビデオ撮影をすること。
・試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼす等のおそれがあると警備従事員が認める行為をすること。
・人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治または出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為をすること。
・上記各号のほか、公序良俗に反する発言または行為をすること。

第6条(遵守規程)
次の各号に定める事項を遵守しなければならない。
・チケット、通行証等の提示を求められたときは、これを提示すること。
・安全確保のため、手荷物、所持品等の検査に協力すること。
・警備従事員および治安当局の指示、案内、誘導等に従い行動すること。

第7条(販売拒否事由)
主催者は、以下の各号に該当する者に対し、入場券の販売をしない。
また、その者が自らまたは第三者を通じて入場券を取得した場合、主催者はその者に対し、第9条に基づき入場を拒否することができる。
・暴力団またはこれに類する反社会的勢力(以下、「暴力団等」という)に所属する者(以下「暴力団員等」という)
・暴力団員等でなくなった時から5年を経過しない者
・自己または第三者の利益を図る目的等で暴力団等又は暴力団員等を利用している者
・暴力団等又は暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなど、暴力団等の維持、運営に関与をしている者
・暴力団員等と社会的に避難されるべき関係を有している者
・第8条に違反する行為を目的として入場券を取得する者
・その他入場券の販売をしないこととする相当の理由があると主催者が判斷した者

第8条(転売等の禁止)
何人も第三者に対し、主催者の許可を得ることなく、入場券を転売(インターネットオークションを通じての転売を含む)その他の方法で取得させてはならない。ただし、家族、友人、取引先、その他これらに類する特定の関係に基づき、営利を目的とせず、かつ業として行われない場合については、この限りではない。

第9条(入場拒否、退場命令、物の没収)
次の各号に定める事項を遵守しなければならない。
・運営・安全責任者は、第4条、第5条又は第6条に違反した者および第7条の規定に該当する者の入場を拒否し、施設からの退場を命じ、並びに第4条に掲げる物の没収等必要な措置をとることができる。本条の対象となる試合には、公益財団法人日本サッカー協会の主催試合を含む可能性がある。
・主催者または主管者は、前項に該当する者に対し、主催者または主管者が被った損害(当該者の違反行為を理由としてクラブに科された制裁に起因してクラブが被った一切の損害を含む。)の賠償を請求することができる。
・運営・安全責任者は、前項に該当する者の中で特に悪質と認める者に対しては、その後開催される全ての試合についての入場を拒否することができる。また、チケットの返還を求めることができる。
・運営・安全責任者により入場を拒否され、または施設から退場を命じられた者は、チケットの購入代金の払い戻しを求めることはできない。

第10条(権限の委任)
運営・安全責任者は、特定の施設についてその権限を他の者に委任することができる。

待機列ルール

 

・試合当日以外のシート貼りや荷物の設置はおやめください。
試合当日以外に張られたシート等、荷物等は全て撤去します。
・試合開催日前日、またはそれ以前からの泊まり込みは絶対におやめください。
・1枚のシートにつき5名以下とさせていただきます。
※来られない方の人数まで記載することはおやめください。
・シート貼りは1名につき、1枚までとさせていただきます。
・シートにはご本人ならびに内容が確認できるような情報を記載して設置をお願い致します。(試合日/順番/代表者名/人数等)
・入場の際、記載した人数以上の方が並ばないようにお願いいたします。
・公園内の安全上、ペットボトル、竿、石などの障害となりうる物を使用してのシート貼りは禁止とさせていただきます。
※ペットボトル、竿、石などの障害となりうる物を使用している場合は全て撤去します。
・主催者、公園関係者の判断のもと、危険となりうる物でのシート張りが確認出来た場合は、撤去させていただく場合があります。
・シート貼り時に使用するテープは布テープまたは養生テープとさせていただきます。(紙性のガムテープなどは使用不可)
・入場の際には必ずご自身で使用されたシート、テープ等は各自でお持ち帰りいただくようにお願いいたします。
・試合当日は、列の整理を行う場合がございます。
※実施の可否に関しましては試合当日警備員、係員の指示に従ってください。
なお、試合当日は来場人数が多い場合や、開場時間が早まることなどがございますので、開場の1時間前を目途に待機列またはご自身がシート貼りをおこなった場所にお戻りください。
・試合当日は、クラブスタッフ、警備員、係員の指示に従ってください。ご協力いただけない場合は入場をお断りする場合がございます。
※シート張りは試合当日の入場をスムーズに行うために予め行われるものであり、試合当日のお席を保証するものではございません。
あくまで各ゲートへ入場する順番のシート貼りとなります。

横浜FC新しい観戦スタイルついて

横浜FCでは、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に沿って感染を最大限防ぎながら試合を開催しています。
ファン・サポーターの皆さまにおかれましては、スタジアムでの新しい観戦スタイルを厳守いただきますよう、よろしくお願いいたします。

新しい試合観戦スタイル厳守事項

■ご来場者全員に求められること

(1)無理な来場は、勇気をもって、見合わせる
• 体調がよくない場合(例:37.5℃以上の発熱、咳、喉の痛み、だるさ、味覚嗅覚の異常などの症状がある場合)
• 陽性診断を受け医療機関等により行動制限を受けている場合(陽性診断前でも検査で陽性判定を受けている場合)
• 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
• 過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航があるなどして公的機関より行動制限の要請を受けている場合
(2)握手、抱擁などは行わないでください
(3)社会的距離を確保してください
(4)入退場時は前後・周辺の方との距離を空けてください
(5)売店、お手洗いなどは、利用が集中するハーフタイムなどの時間帯を避けることや、場外トイレを利用するなど、混雑を避けるための分散利用にご協力ください
(6)飲食売店やグッズ売店ご利用の際は最小限での人数での買い物やお客様同士の間隔確保、購入後の速やかな移動にご協力ください
(7)手洗い、手指消毒をこまめに行ってください。スタジアム内のトイレ及び各ゲートには消毒スプレーを設置しておりますので、ご利用ください
(8)マスク着用はスタジアムではもちろんのこと、ご来場時・ご帰宅時を含め周囲の方へのご配慮とともに着用のご協力をお願いします
(9)観戦時は、座席から移動せず、必ず、ご購入した座席にて着席の上ご観戦ください
(10)スタンドやコンコースで会話や食事をされる際は十分な距離を確保ください
周囲に他のお客様がいる場合は飛沫防止にご配慮ください
また一定の場所に集結しての長時間の会話などもお控えください。
(11)Jリーグ再開からこれまでの運営実績と専門家のアドバイスに基づき、万が一スタジアムでの感染が確認されたお客様がいた場合のために、接触確認アプリ/COCOAの利用促進の強化を行っておりますので、接触確認アプリCOCOAをインストールのうえ、利用いただきますようお願いします。
また、感染拡大防止の観点から、座席番号の記録を徹底して頂くようお願いいたします。ご来場いただいた試合の半券、QRチケットデータの保存、スマートフォンなどでの座席番号の撮影もしくはメモを保存するなど、ご自身が座られた位置の把握・保管をお願いします。

■スタジアムの入退場について

(1)スタジアムではマスクを着用ください。ご来場の際には、マスクの持参および着用は必須となります。
※マスクの持参がない場合はスタジアムに入場できませんので、場外の総合案内所にて必ずマスクをお買い求めいただき、ご入場ください。
必ずマスクをご着用のうえ、咳エチケットにも十分配慮ください。
(2)待機列では前後との間隔を確保いただき、会話による飛沫防止にご配慮のうえ、お並びください。また、試合開始直前などは、入場が集中する可能性がありますので、お早目にご来場いただき入場の分散にご協力ください。
(3)各入場ゲートでサーモメータにて検温を行います。37.5度以上の発熱や、37.5度未満でも症状がある場合や平熱よりも高いことが明らかな場合はご入場できません。またその場合、チケット価格の返金対応はできませんので、予めご了承ください。
※感染症患者またはその疑いのある方が発見された場合、必要に応じて保健所等に個人の情報を提供する場合があります。
(4)入場時には手指消毒にご協力ください。各ゲートに消毒スプレーを設置させていただいています。
※その他、消毒液はトイレにも設置しています。
(5)紙チケットの方は、接触を減らすため、入場ゲートでチケットを提示後、ご自身で半券をもぎってください。また、チケットの半券は係員が確認させていただきます。ワンタッチパスやQRチケット保持者の方は、ワンタッチパス端末で認証手続きをお願いします。
(6)お席は、必ず、ご購入した座席にて着席の上ご観戦いただき、観戦中の移動は控えてください。ご購入された座席での観戦をお願いいたします。
(7)試合終了時はゲート付近での混雑が予想されるため、退場のタイミングをずらすなどの分散化にご協力ください。スタジアム外の帰宅導線におきましても混雑緩和のため公共交通機関ご利用時も分散利用にご協力ください。
(8)試合前後でスタジアム近隣店舗や最寄り駅付近の店舗・施設をご利用の際は節度ある行動にご協力よろしくお願いします。

■再入場について

再入場する際は、以下のゲートにて再入場券をお受け取りください。
また、社会的距離にご注意いただき入退場ください。

  • 再入場可能ゲート(3カ所)
    ・メインスタンド入場ゲート
    ・バックスタンド入場ゲート
    ・アウェイゴール裏入場ゲート(出口:5番ゲート付近、入場口:アウェイゴール裏ゲート)
    <利用可能時間>一般入場開始後から後半キックオフまで
  • 注意事項
    ・再入場の際に再入場券を回収させていただきます。
    ・紛失した場合、チケットを再購入していただく場合がございます。大切に保管をお願い致します。

■観戦方法・応援スタイル

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、サポーターの皆さまのご理解とご協力が必要となります。


※スタジアムの外でも、社会的距離(できるだけ2m。最低1m)を確保することはもとより、大声での発声、歌唱や声援、密集等の感染リスクのある行動を回避してください。

■その他のお願い

(1)スタジアム周辺に駐車場のご準備はございません。
公共交通機関をご利用いただくとともに、分散利用にご協力をお願いします。近隣他施設の駐車場は、施設利用者のご迷惑となりますので、利用なさらないようお願いします。
(2)クラブスタッフ、係員の指示に従って頂けない場合、ご退場いただく場合がございます。
ご来場いただく皆さまにおかれましては、今一度、Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインを含めた、観戦ルール&マナーについてご確認いただき、観戦ルールの順守をお願い致します。

Jリーグ観戦マナー&ルール
https://www.jleague.jp/aboutj/control/

Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン
https://www.jleague.jp/news/article/17425/

アウェイサポーターの皆さまへ

横浜FCではニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲーム開催に伴い、ご来場される全ての皆さまが気持ち良くご観戦・応援いただけるよう横浜FC独自の観戦ルールを設けさせていただいております。
ご来場いただくアウェイサポーターの皆さまにつきましては下記の観戦ルールをご確認の上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

観戦について

・観戦マナーをご確認いただき、ご来場される全ての皆さまが気持ち良くご観戦いただけるようご理解・ご協力の程お願い申し上げます。
・試合当日は公共交通機関でのご来場をお願い致します。
・アウェイグッズを身に付けてのホームチームエリアコンコース(8番ゲート〜17番ゲート)の移動・ホームチームスタンドでの観戦はできません。
・アウェイチームを応援される方は「アウェイゴール裏」、「メイン前段・後段指定席」、「メイン中央指定席」または「メイン特別指定席」をお買い求めください。
※チケットをお買い求めの際は、お間違いのないようご注意ください。
※「メイン前段・後段指定席」での観戦の方は4番ゲートから、「メイン中央指定席」または「メイン特別指定席」での観戦の方は2番3番ゲートからお入りください。

スタジアムアクセス

ニッパツ三ツ沢球技場へのアクセスは「横浜駅」または横浜市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢上町駅」をご利用ください。
試合会場アクセス(https://www.yokohamafc.com/guide/access-map/

待機列について

横断幕の掲出について

横断幕の掲出は開門後(キックオフ2時間前)からになります。(試合によって開門時間が変更となる場合がございますので、予めご了承ください)
※掲出可能なエリアは「横断幕掲出ルール」をご確認ください。
その他のエリアへの掲出につきましては、係員の指示に従ってください。

SHARE THIS MATCH

-

HOME

AWAY

-- KICK OFF

前半
後半

-

GOAL

交代

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

-

STARTING MEMBER
SUBSTITUTE
HEAD COACH

試合環境

  • 入場者数
    --
  • 天候
    --
  • 気温
    --
  • 湿度
    --%
  • ピッチの状態
    --

    MOVIE

    試合後コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――本日の試合を振り返ってください。
    まずは開幕戦、一番手にしたかった勝点3を何とか手にすることができました。選手の頑張りに感謝してますし、ファン・サポーターの後押しも選手に非常に勇気を与えてくれました。本当にありがたく感じています。ゲーム内容としては、攻守ともにねらい通り、選手が果敢に勇気を持ってアグレッシブに戦ってくれた。後半途中まで2−0という形になったが、少し流れが悪くなった時間であっけなく2失点してしまった。そのあとズルズルと、少し動きがなくなって、組織的に戦えなくなってしまった。ただ最後に交代選手を含めて少し勢いを出せて、もう一回勝ちに行くんだという姿勢を出せました。そういう3つの側面に分かれていたと思うが、今は非常に若い選手が戦っているので、まだまだムラがあるというか、良い時は良いけど、うまくいかなくなったりすると耐えれないところが、トレーニングや練習試合から見受けられるので、試合を通して改善しながら成長していきたいと思います。

    ――2失点につながった、流れが悪くなった要因は?
    ちょっと球際の、セカンドボールのところで負けて裏返されちゃったりとか、あとはマイボールのところでちょっと足が止まって、自分たちで相手のプレッシャーを受けて食いつかれてしまって前進できなかったのが大きな原因だと思います。

    ――齋藤 功佑選手が去年の4月以来のプレーで得点に絡みました。評価をお願いします。
    縦横無尽に動き回ってくれたし、相手の非常にコンパクトな守備の中でも怖がらずに間で受けてくれて、ボールを散らすというところを後半の途中までしっかりやれていた。ゴールにつながるプレーまで出てきたというのは、非常に貢献してくれたと思います。

    ――監督として久々のゲームでしたが、90分を終えてどのように感じられましたか?
    僕はけっこう慎重なほうなので、2-0になっても勝てるとは思っていなかったし、何かあるかなと思ってベンチにいました。その何かになってしまった、『あー』って思ったんですけど(笑)、それでも最後もう一つギアを上げて、今年の横浜FCの目指すべき方向としては、2-2で終わらせるんじゃなくて3点目を取りに行くんだというところを示さなきゃいけないというところで、指示を出したり交代選手のカードを切った。結果的にですが、追加点を奪って勝つことができたのは非常に良かったと思います。

    ――試合終了の瞬間に考えたことは?
    良かったなというか、ホッとしたのが正直な気持ちです。一気に脱力しました(笑)。僕は今まで監督として3シーズンやってるんですが、実は初戦は全部負けていたんですよ。今日は4季目にして初めて勝ったので、しかもこんなハッピーエンドで良かったなと。こんな結末が待ってたんだ、と思いました。でも忘れて、また来週に向けて頑張ります。

    齋藤 功佑

    Kosuke SAITO8MF

    ――本日の試合を振り返って。
    キャンプを通してチームの戦術を積み上げてきた中で、良い形で出せた部分が多かったです。積極的に前線の優位性を生かしてダイナミックな攻撃ができたし、たくさんのチャンスを作れました。個人としては、もう少し自分のところで時間を作って、落ち着いた攻撃もできれば良かったかなと思う。ただ、2点取ったあとの、2失点してしまった時間帯の課題は残るので、そこは改善していきたいです。

    ――南雄太選手の守るゴールに見事な先制点を決めましたが?
    (南)雄太さんとは横浜FCで長い年数を共に戦ってきて、自分がリスペクトしている先輩なので、その人から点を取れたことはとてもうれしかったですし、自分としても昨季なかなか試合に出れない中で、たくさんの人に支えてもらって、こうやって自分が活躍して勝利に貢献できたことがうれしいです。

    ――昨年の4月に怪我をして、今日は久々の試合だった。今季にかける思いは?
    本当に自分が貢献できなかった悔しさが今年の意気込みになっています。自分が試合に出て活躍して、結果的にチームの勝利に貢献できれば一番うれしいと思います。

    クレーベ

    KLEBER9FW

    ――76分に投入された際のベンチの指示は?
    前半は良い感じに入ったが、後半は2-0の状態から同点にされてしまいました。そこから『3点目を決めてこい』と送られて入りました。2-2で相手も勢いづいて、3点目を取れるかという、相手の時間だったと思う。自分が入って、良い時間に引き戻すために、とにかく気持ちを強く持ってアグレッシブに3点目を取りに行く気持ちで入りました。

    ――PKの場面は、中村俊輔選手や伊藤翔選手も蹴りたそうだったように見えました。
    自分がボールを持ってPKスポットに行きました。自分が毎日PKを練習していたからです。もちろん彼らもすごく良いキッカーであることは間違いないですし、彼らへの尊敬の念は常に持っていますが、そこは自分が責任を持って決め切るという強い気持ちで蹴りました。

    試合前コメント

    四方田 修平

    Shuhei YOMODA監督

    ――いよいよ開幕を迎えますが、今の心境は?
    一言、楽しみだというのが一番強い気持ちです。キャンプ含め約6週間やってきたが意外と早かったなというのが率直な感想です。明日から42試合の長いシーズンが続くので非常に楽しみにしています。

    ――楽しみというのはいいチームづくりができつつあるということでしょうか。
    完成度としてはまだまだ伸びしろがたくさんあると思っています。現時点で言うと課題もたくさん残っているし、厳しい試合になると思っています。試合を通して成長していきたいです。

    ――あくまで42分の1と考える方もいますが、開幕戦の重要性をどうお考えですか。
    私も、どちらかというと42分の1だと考えるタイプですが、最初のゲームなのでいいスタートダッシュが切れればと思っています。

    ――開幕に向けて準備をするにあたって選手たちにはどのようなことを伝えてきましたか。
    開幕戦だからということではなく、毎週末の対戦相手に向けて一つひとつ全力で取り組んでいくということと、課題を改善していきながら年間を通して成長していこうと伝えました。

    ――大宮アルディージャの印象は?
    選手の質は非常に高いですし、昨シーズンから霜田監督が就任されて非常にやることが統一されて、攻撃も守備も非常にアグレッシブにプレーしているなという印象です。

    ――やることが統一されているというのは大宮のサッカーのどこに感じていますか。
    しっかりパスをつなぎながら崩すというところです。あとは、一人もサボることなく全員でプレッシャーをかけているところなどが全体で共有できていると感じています。

    ――大宮に大勢コロナの陽性判定者が出ているが、どういうふうに捉えていますか。
    今シーズンはどのチームにとってもここと向き合いながら戦っていかなきゃいけません。そこに対してどう考えるかではなく、ピッチに立つ選手たち、大宮アルディージャというチームに対して全力でぶつかっていくだけだと思っています。また、選手層が厚いので誰が出ても戦力的に大きく落ちることはないと感じています。そういう意味では非常に厳しいゲームになると思います。

    ――大宮の警戒する部分、警戒する選手は?
    個々の技術レベルが非常に高いと思っています。そこを出させないようにプレッシャーをかけて、組織的に守っていきたいです。

    ――北海道コンサドーレ札幌以外で迎える初シーズン、心境の変化は?
    大きく変わったということはありませんが、監督という立場でチームを率いて戦うという意味では久しぶりのゲームになりますし、コーチのときとは違うプレッシャーやいい意味での緊張感を持って明日望むことになると思います。

    ――明日のメンバーについて教えてください。
    週明けにだいたいのメンバーの構想は持ちつつ、今週4回の練習を見て選考しました。

    ――試合に挑むにあたって、ゲン担ぎはありますか。
    ゲンを全く担がないタイプなので、一切気にしないです。

    ――どういうサッカーをしていきたいですか。
    攻守にアグレッシブに、一体となって、観ている人に楽しいと思ってもらえるサッカーをしたいです。

    ――J2リーグの印象は?
    個人的には、ユースで監督をしていたときに対戦したことのある監督が多いです。リーグ全体としては攻撃的でレベルが上がっていて、質の高いゲームが繰り広げられている印象です。

    ――長谷川選手をキャプテンに選んだ理由。
    キャンプやトレーニングを通じて、他の選手を引っ張っていけて、明るく、色々な選手とコミュニケーションを取れるのでチームにとっていいと判断し、お願いしました。

    ――目標の勝点は?
    順位としては2位以内を目指します。具体的な数字というよりは、前半戦はとにかく目の前の一戦一戦をしっかりと戦っていきたいです。

    長谷川 竜也

    Tatsuya HASEGAWA16MF

    ――いよいよ明日開幕を迎えるが、今の心境は?
    いよいよ開幕だなあという気持ちと身が引き締まる思いです。あとは、緊張感もありますがワクワクしています。

    ――キャプテンとして迎える開幕は。
    自分自身キャプテンを務めるのは初めてですし、キャリアの中でもなかなか経験できることではないので、そういった意味でもすごく楽しみな気持ちです。ここからシーズンが始まってどんなチームになっていくのか期待とワクワクがあります。

    ――チームの仕上がりや準備の手ごたえは?
    練習試合を通して良かった部分と課題が出ました。キャンプで取り組もうとしてきた自分たちのサッカーが練習試合で課題として現れて、練習で開幕までに修正してこれたと思っています。チームの雰囲気もいいし、仕上がりもいいと思っています。

    ――開幕戦の重要性をどのように考えているか。
    シーズンを戦うにあたって、最初にいいスタートダッシュを切れるかが大事だと思っています。内容よりも結果にこだわってやっていきたいです。

    ――大宮アルディージャの印象は?
    昨シーズン途中から霜田監督になってからはボールを大事にすることを目指しているチームという印象。技術も高く、それぞれのポジションに特徴を持った選手がいるのでJ1昇格に向けてライバルになると思っています。

    ――J2でプレーするのは初めてですが。
    J2クラブと公式戦で戦う機会はあまり機会がなかったので、楽しみな気持ちが大きいです。

    ――相手にコロナの陽性判定者が多数出ているがどう受けとめていますか。
    正直気にしていないです。相手もどんな状況であれ、開幕を迎えるということでモチベーションも高いだろうし、試合に向けて気持ちも切り替えてくると思っています。誰が陽性者とか何人出ているとかは気にしていなくて、目の前の1試合に勝つことだけしか考えていません。

    ――大宮の気になる選手は?
    大学の先輩で自主トレなども一緒にやっていた栗本さん(栗本広輝選手)、公私ともに仲もいいですし、もし開幕戦でマッチアップする機会があれば楽しみたいです。

    ――明日試合前ロッカールームや円陣で話すことは決めていますか。
    決めていないです。夜に考えるとは思うが、大したことは言えないので・・・(笑)

    ――キャプテンに指名されたときの心境は?
    自分もこのチームを1年でJ1にあげる覚悟を持ってきたので、指名されたというのは素直に嬉しかったです。ヨモさん(四方田監督)に指名されたことも嬉しかった。

    ――横浜FCでキャプテンをやることについて感じることは?
    キャリア初のキャプテンなので実感はまだ湧いていないですが、どのクラブでも歴代のキャプテンがいて、そういった人たちが様々な責任を背負って紡いできた歴史の一部になれるのは個人として嬉しいです。

    ――川崎フロンターレというJ1のチャンピオンチームから来て、チームに還元できる部分は?
    強いチームの姿勢だったりとか、試合に出る出ないは関係くそういったチームの雰囲気など、6年間で学べたことはたくさんあったので口で言うより行動で示せるようにというのは意識してやっています。

    ――四方田監督の観ていてワクワクとさせるサッカーとは、長谷川選手にとってどんなサッカーだと考えていますか?
    相手が分かっていても止められないというのが一番肝にあるのではないかと思っています。後方からボールをしっかり繋いで攻撃的なスタイルで、わかっていても止められないそんなサッカーがワクワクするサッカーなんじゃないかと思っています。

    ――初めての移籍になりますが、どんな思いでこの移籍を決断されましたか?
    自分自身、環境を変えてチャレンジしたいという思いが強くなっているタイミングで、このチームに声をかけていただきました。クラブが目指す今後のビジョンに共感し、このチームの力になんとかなりたいと思いこの移籍を決めました。初の移籍で新鮮ですし、サッカーも面白いですし充実感もあります。

    ――今シーズンの横浜FCはキャプテンから見てどんなチーム、どんな集団だと思いますか。
    選手のレベルも高いですし、意識の高い選手も多いです。ただ若い選手とベテラン選手の間にあたる、中堅の選手が多くないので、チームの上の人たちがうまくバランスとりながらなおかつ背中で見せながらやっていければ、若いエネルギーをより引き出し、勢いがあってエネルギッシュで安定感のあるチームが作れるのではないかと思う。