横浜FC

保土ケ谷警察署と連携した取り組みについて

  • お知らせ
  • ホームタウン
  • 社会連携(シャレン!)

2021.6.10 Thu

横浜FCでは、これまで保土ケ谷警察署と連携し、安心安全な街づくりや地域住民の方々の防犯意識向上を目的とした取り組みを実施してまいりました。

 

この度、ニッパツ横浜FCシーガルズの選手6名を起用し実施した「警察車両広報用防犯アナウンス活動」の取り組みに対して、保土ケ谷警察署長より感謝状の贈呈を受けましたのでお知らせいたします。

 

今回の活動の詳細を含む保土ケ谷警察署と連携した取り組みにつきましては、以下の通りとなります。

 

保土ケ谷警察署と連携した取り組み

交通安全呼びかけメッセージ動画作成

■連携実施日

2021年4月7日(水)

■取組内容

警察署が行う「春の全国交通安全運動」の期間に合わせて、保土ケ谷警察署長による交通安全の呼びかけと、トップチーム所属3選手(瀬古樹選手・岩武克弥選手・袴田裕太郎選手)およびクラブ・リレーションズ・オフィサーの内田智也、オフィシャルクラブマスコットのフリ丸から、新入学生の子どもたちに向けたお祝いのメッセージ動画を作成し、クラブ公式Twitterアカウントにて発信をいたしました。

 

こちらの取り組みは、子どもたちの交通事故を防止する目的のため、協同で企画し実施いたしました。

 

警察車両広報用防犯アナウンス活動

■連携開始日

6月1日(火)~

■取組内容

ニッパツ横浜FCシーガルズ所属選手6名(中居未来選手、小田川真奈選手、權野貴子選手、沖野るせり選手、中條結衣選手、山本珠優選手)が、区内で警察車両がパトロールする際に放送する防犯アナウンスを収録し提供いたしました。防犯アナウンスの音声は、6月1日(火)より防犯パトロールの際に使用されます。

■アナウンス内容

オレオレ詐欺防止、預貯金詐欺防止、還付金詐欺防止、キャッシュカード詐欺防止、架空料金請求詐欺防止、高齢者などを狙う悪質商法被害防止、路上犯罪被害防止、小学校下校時の声がけ、侵入犯罪防止、自転車盗難防止、自動車盗難防止

■実施区域

保土ケ谷警察署管轄区内全域

 

また、今回の取り組みに対しては、6月8日(火)に保土ケ谷警察署長から感謝状の贈呈を受けました。贈呈式には、チームを代表して、中居未来選手・沖野るせり選手の2名が出席いたしました。

 

こちらの取り組みは、特殊詐欺等の被害を防止する防犯広報強化を目的として活動を行いました。

 

今後の取り組み

引き続き、安心安全な街づくりや地域住民の方々の防犯意識向上を目的として、保土ケ谷警察署と協働して、広報物での連携、実際の活動での連携を計画し実行してまいります。

 

本記事に関するお問い合わせ

横浜FC 事業部 ホームタウングループ

info@yokohamafc.com

045-443-6592(月〜金 9:00〜17:00受付 ※ホームゲーム開催時を除く)